書評:国際情報

「私たちは大量虐殺を未然に防ぐ努力を怠ってきた」/『NHK未来への提言 ロメオ・ダレール 戦禍なき時代を築く』ロメオ・ダレール、伊勢崎賢治

アクションもののヒーローはおしなべて無法者の匂いがする。「俺が法だ」と言わんばかりに社会の矛盾や組織の理不尽を踏みつけてくれる。我々に代わって。人気の高い作品というのは、人々の不満を上手にすくい取ってカタルシスを与えているのだろう。 映画『…

アメリカの誇大妄想と被害妄想/『日本人が知らない「ホワイトハウスの内戦」』菅原出

アメリカの政治システムを支えているのがシンクタンクである。それぞれのシンクタンクが立案した政策は公開され、政府が変わるたびに採用されたり斥けられたりする。いわば政策立案の市場化。 読み物としてはさほど面白くないが資料的価値のある一冊。アメリ…

第二次世界大戦の命運を分けた人脈−チャーチル、イントレピッド、ルーズベルト/『アメリカはなぜヒトラーを必要としたのか』菅原出

アメリカ経済界はファシズムを支持した 第二次世界大戦の命運を分けた人脈−チャーチル、イントレピッド、ルーズベルト CIA以前 人が歴史を動かすのか、あるいは歴史が人を育むのか。いずれにしても歴史の先頭に立つ人物が必ずいるものだ。時代の寵児(ちょう…

アフガニスタンの砂漠を緑に変えた男/『医者、用水路を拓く アフガンの大地から世界の虚構に挑む』中村哲

『マスードの戦い』長倉洋海 アフガニスタンの砂漠を緑に変えた男 百の診療所よりも一本の用水路 食糧不足と脱水症状で死んでゆくアフガニスタンの子供たち 台湾の教科書に載る日本人・八田與一/『台湾を愛した日本人 土木技師 八田與一の生涯』古川勝三 ア…

プラハで学んだ少女達の30年後の真実/『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』米原万里

プラハで学んだ少女達の30年後の真実 ペンは剣よりも強し チャウシェスク大統領を処刑した理由 『打ちのめされるようなすごい本』米原万里 米原万里は9歳から14歳にかけて、プラハのソビエト学校に通った。1960年代のことである。人種が入り乱れるクラスで、…

教会と大学による諜報活動/『インテリジェンス 武器なき戦争』手嶋龍一、佐藤優

期待したほどではなかった。丁々発止(ちょうちょうはっし)、侃々諤々(かんかんがくがく)、喧々囂々(けんけんごうとう)とまでは言わないが、対談というものはもっと緊張感があってしかるべきだ。それがあって初めて、対話の妙が生まれる。基本的に手嶋…

虫けらみたいに殺されるパレスチナの人々/『「パレスチナが見たい」』森沢典子

『パレスチナ 新版』広河隆一 虫けらみたいに殺されるパレスチナの人々 銃弾が食い込んだままの教科書 普段通りの暮らしを続けることが人々のインティファーダだった パレスチナ人は普通の暮らしも望めない 幼稚園の先生がパレスチナへ行った。彼女は9.11テ…

アフガンの英雄アフマド・シャー・マスード/『マスードの戦い』長倉洋海

アフガンの英雄アフマド・シャー・マスード 『医者、用水路を拓く アフガンの大地から世界の虚構に挑む』中村哲 『台湾を愛した日本人 土木技師 八田與一の生涯』古川勝三 この男の風貌は強い何かを私に訴えかけてくる。どうしようもなく惹きつけられる風情…

デモ行進をしただけで殺される人々/『シャヒード、100の命 パレスチナで生きて死ぬこと』アーディラ・ラーイディ

数字は個別の物語を捨象する。例えば、完全失業者数は359万人(2009年7月)、65歳以上の人口は2640万人(2006年9月)、交通事故による死者数は5155人(2008年)、自殺者は3万2249人(2008年)などを見ても明らかなように、個々人の顔が全く浮かんでこない。…

命懸けの糾弾/『プーチニズム 報道されないロシアの現実』アンナ・ポリトコフスカヤ

アンナ・ポリトコフスカヤは殺された。自宅アパートのエレベーター内で何者かの手によって蜂の巣にされた(2006年10月7日)。それまでにも彼女は、北オセチア共和国で起こったベスラン学校占拠事件の取材に赴く機中で紅茶に毒を盛られたことがあった。銃口を…

獄中の極意/『アメリカ重犯罪刑務所 麻薬王になった日本人の獄中記』丸山隆三

丸山隆三は派手なカーチェイスの末に逮捕された。アメリカでのこと。バブル前夜ともいうべき時期に、彼は外車の並行輸入を手掛けて、これが当たった。懐が温かくなると悪い友達が群がるようになる。そして転落の人生が幕を開けた。麻薬売買の仲介者(フィク…

アメリカ経済界はファシズムを支持した/『アメリカはなぜヒトラーを必要としたのか』菅原出

アメリカ経済界はファシズムを支持した 第二次世界大戦の命運を分けた人脈−チャーチル、イントレピッド、ルーズベルト CIA以前 『ヒトラーの経済政策 世界恐慌からの奇跡的な復興』武田知弘 ナチス・ドイツというファシズム国家を誕生せしめたのはアメリカだ…

イラクチームの快進撃を政治利用したブッシュ大統領/『蹴る群れ』木村元彦

私はサッカーをまったく観ない。多分、日本代表がワールドカップの決勝戦に進出したとしても観ることはないだろう。そんな私が本書を開くや否や、一気に引きずり込まれ、貪(むさぼ)るように読んだ。 彼等は紛争という大地に立っていた。彼等は人種差別とい…

バルカンのホスピタリティ/『終わらぬ「民族浄化」 セルビア・モンテネグロ』木村元彦

コソボ紛争は複雑である。まず、ユーゴスラビア紛争を理解しなくてはならない。 コソボ問題 わかりやすく ユーゴスラビアという国家は、チトー大統領の傑出したリーダーシップによって諸民族が微妙なバランスを取ることで成り立っていた。チトーの死(1980年…

自爆せざるを得ないパレスチナの情況/『アラブ、祈りとしての文学』岡真理

『物語の哲学』野家啓一 『死と狂気 死者の発見』渡辺哲夫 自爆せざるを得ないパレスチナの情況 9.11テロ以降パレスチナ人の死者数が増大 愛するもののことを忘れて、自分のことしか考えなくなったとき、人は自ら敗れ去る 物語の再現性と一回性 『プルースト…

独裁とは一人でも闘う/『この大地に命与えられし者たちへ』写真・文 桃井和馬

1940年6月、ドイツ軍がパリを占領した。凱旋門にはハーケンクロイツ(鍵十字)の旗が翻(ひるがえ)り、フランスの栄光はナチスの軍靴に踏みにじられた。時の首相・ペタン将軍はドイツ軍の前にひざまずいた。 この時立ち上がったのがドゴールだった。無名の…

ロスチャイルド家がユダヤ人をパレスチナへ送り込んだ/『パレスチナ 新版』広河隆一

9.11テロは物質文明の幻想を破壊した ロスチャイルド家がユダヤ人をパレスチナへ送り込んだ ユダヤ人移民は分割統治の道具 アラファト前議長、毒殺された可能性 遺骨からポロニウム検出 『「パレスチナが見たい」』森沢典子 一般的には「パレスチナ問題」と…

9.11テロは物質文明の幻想を破壊した/『パレスチナ 新版』広河隆一

9.11テロは物質文明の幻想を破壊した ロスチャイルド家がユダヤ人をパレスチナへ送り込んだ ユダヤ人移民は分割統治の道具 アラファト前議長、毒殺された可能性 遺骨からポロニウム検出 『「パレスチナが見たい」』森沢典子 先進国という立場にあぐらをかき…

ナイフで切り裂いたような足の裏/『戦場から生きのびて ぼくは少年兵士だった』イシメール・ベア

少年兵は自分が殺した死体の上に座って食事をした かくして少年兵は生まれる ナイフで切り裂いたような足の裏 逃げ惑う少年の悟りの如き諦観 ドラッグ漬けにされる少年兵 少年兵−捕虜を殺す競争 戦争はいつだって男達が始め、女と子供が被害者となる。シエラ…

チェチェンの伝統「血の報復の掟」/『国家の崩壊』佐藤優、宮崎学

チェチェン人の男は必ず復讐を果たすという―― それから、チェチェンには、独特の「血の報復の掟」があるんです。チェチェンでは、子どもが生まれると、男の子だけですが、7代前までの名前を全部暗記させるんです。それから、どこで生まれてどこで死んだとい…

オーストラリア・カジノとつながるヴァチカン財務部/『無境界の人』森巣博

森巣博(もりす・ひろし)はオーストラリア・カジノを拠点とする博徒(ばくと=ギャンブラー)である(森巣は「カシノ」と表記している)。本書のテーマは「日本人論」であるが、自在な筆致はギャンブル哲学を通奏低音とした小説のような味わいもある。 で、…

サラエボ紛争を生き抜いた子供達/『失われた思春期 祖国を追われた子どもたち サラエボからのメッセージ』堅達京子

はっきり書いておこう。作品としてはイマイチだ。だが、サラエボの子供達の言葉の数々は一読に値する。否、そのためだけに対価を支払ったとしてもお釣りが来る。 「そしてぼくは、ぼくらの国の言葉で書かれ、ぼくらの国の俳優が演じているこの作品を、サラエ…

中国人民の節度/『青春の北京 北京留学の十年』西園寺一晃

中国人民の節度 若き日の感動 父は西園寺公一(きんいち)、曽祖父は西園寺公望(きんもち)。西園寺一晃は北京に10年間留学し、文化大革命を目の当たりにする。本書を文革礼賛本と称する向きもあるようだが、底の浅いステレオタイプの類いに過ぎない。一人…

アイルトン・セナの遺言/『狼たちへの伝言 3 21世紀への出撃』落合信彦

私の世代の男性であれば若い頃、落合信彦を読んだ時期があることだろう。そう。単なる寄り道だ。だが、活字の世界は奥が深い。寄り道同様に。 モータースポーツに興味がなくても、アイルトン・セナの名前を知る人は多い。日本では「音速の貴公子」と呼ばれ、…

アメリカ軍国主義が日本を豊かにした/『メディア・コントロール 正義なき民主主義と国際社会』ノーム・チョムスキー

『9.11 アメリカに報復する資格はない!』ノーム・チョムスキー 近代政府による組織的な宣伝活動 アメリカ軍国主義が日本を豊かにした ウォルター・リップマンの策略 観客民主主義 民主主義の新しい革命的な技法=合意のでっちあげ 「必要な幻想」による「過…

複眼思考で自分の歪みを正す/『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』佐藤優

まずは以下の記事を読んでもらいたい。 情報の歪み=メディア・バイアス で、次なる問題として当然「自分というバイアス」が考えられる。どちらかと言えばこっちの方が問題である。正しい情報まで歪めることもあるからだ。早合点、曲解、すり替えなど。人間…

「国家」と「貨幣」は人間を超越する/『ナショナリズムという迷宮 ラスプーチンかく語りき』佐藤優、魚住昭

忘れないうちに書いておこう。養老孟司は「われわれの社会では言語が交換され、物財、つまり物やお金が交換される。それが可能であるのは脳の機能による」(『唯脳論』)と書いた。 佐藤●マルクスが解き明かしたことの中でも重要なのが「国家」と「貨幣」の…

ジェノサイドが始まり白人聖職者は真っ先に逃げた/『ルワンダ大虐殺 世界で一番悲しい光景を見た青年の手記』レヴェリアン・ルラングァ

眼の前で起こった虐殺 ジェノサイドが始まり白人聖職者は真っ先に逃げた 今日、ルワンダの悲劇から20年 ルワンダは、ベルギーの植民地だった1930年代にカソリック国となっていた(『ジェノサイドの丘』フィリップ・ゴーレイヴィッチ)。映画『ホテル・ルワン…

「IMFの父」はソ連のスパイだった/『秘密のファイル CIAの対日工作』春名幹男

『日本テレビとCIA 発掘された「正力ファイル」』有馬哲夫 「IMFの父」はソ連のスパイだった ロシア革命の実態はユダヤ革命/『世界を操る支配者の正体』馬渕睦夫 マッカーシズムは正しかったのか?/『ヴェノナ』ジョン・アール・ヘインズ、ハーヴェイ・ク…

ソ連によるアフガニスタン侵攻の現実/『国家の崩壊』佐藤優、宮崎学

軍事技術の発達は「距離を獲得」したと言ってよい。すると、戦争とは縁のない我々は、離れた位置から敵を撃ち、砲撃するものと勝手に想像してしまう。当然、返り血を浴びることはなく、硝煙と爆発が戦場を支配する。 ソ連軍によるアフガニスタン侵攻は、1979…