古本屋の覚え書き

「ただ独り、不確かな道を歩め」エリアス・カネッティ

書評:絵本

輪廻転生からの解脱/『100万回生きたねこ』佐野洋子

この作品には思考や価値観を深いところで揺さぶる何かがある。正直に言うと、私はいまだに思いあぐねている。ただ確実なのは、佐野洋子が明らかに何かを破壊しようと企てていることだ。 私は頭に来ている。この物語を正確に読み解くことができないからだ。ま…

『わたしのせいじゃない せきにんについて』レイフ・クリスチャンソン

20ページ余りの小振りな絵本だ。レイフ・クリスチャンソンはスウェーデンの作家。この作品は「あなたへ」と題したシリーズの6冊目。大人が読んでもギョッとなる。一人ひとりの言いわけがリアル。日常の小さな無責任が、時として恐ろしい現実につながることを…