2000-04-01から1ヶ月間の記事一覧

『湖の伝説 画家・三橋節子の愛と死』梅原猛

人間を追求する慟哭と英知の書 ガンのため右腕を切断した女流画家。迫りくる死を直視しながら左手で描き出したものは何か? 雄渾の筆致が解明する感動の人間論! 自分の死が確実に迫ってきたのを知ったとき人は何を考え何をなしうるか。2人の幼児と短い自己…

言葉の謎――(i母音)+ウム考

不明な点が多いと言葉は謎の度合が一気に高まる。今回は私の自己省察的思惟による三段腹論法を展開したい。 ミステリを読んでいると時たま“リノリウムの床”ってえのが出て来ますな。ミステリ好きであるにもかかわらず「エー、そんなの知らんぜよ〜」と中国・…