古本屋の覚え書き

「ただ独り、不確かな道を歩め」エリアス・カネッティ

飯嶋和一

「拵(こしら)え相撲」に張り手を食らわせた雷電為右衛門

・『汝ふたたび故郷へ帰れず』飯嶋和一 ・時代の闇を放り投げた力士・雷電為右衛門 ・力士は神と化した ・雷電為右衛門、登場 ・「拵(こしら)え相撲」に張り手を食らわせた雷電為右衛門・『神無き月十番目の夜』飯嶋和一 ・『始祖鳥記』飯嶋和一 ・『出星…

イエロージャーナリズム

・男は再び走り出した ・飯島和一作品の外情報 ・イエロージャーナリズム・『雷電本紀』飯嶋和一 ・『神無き月十番目の夜』飯嶋和一 ・『始祖鳥記』飯嶋和一 ・『出星前夜』飯嶋和一 ・『狗賓童子(ぐひんどうじ)の島』飯嶋和一 確かに例の記事は、他人が読…

飯島和一作品の外情報

・男は再び走り出した ・飯島和一作品の外情報 ・イエロージャーナリズム・『雷電本紀』飯嶋和一 ・『神無き月十番目の夜』飯嶋和一 ・『始祖鳥記』飯嶋和一 ・『出星前夜』飯嶋和一 ・『狗賓童子(ぐひんどうじ)の島』飯嶋和一 これがトール・ノーレットラ…

力士は神と化した/『雷電本紀』飯嶋和一

・『汝ふたたび故郷へ帰れず』飯嶋和一 ・時代の闇を放り投げた力士・雷電為右衛門 ・力士は神と化した ・雷電為右衛門、登場 ・「拵(こしら)え相撲」に張り手を食らわせた雷電為右衛門・『神無き月十番目の夜』飯嶋和一 ・『始祖鳥記』飯嶋和一 ・『出星…

時代の闇を放り投げた力士・雷電為右衛門/『雷電本紀』飯嶋和一

・『汝ふたたび故郷へ帰れず』飯嶋和一 ・時代の闇を放り投げた力士・雷電為右衛門 ・力士は神と化した ・雷電為右衛門、登場 ・「拵(こしら)え相撲」に張り手を食らわせた雷電為右衛門・『神無き月十番目の夜』飯嶋和一 ・『始祖鳥記』飯嶋和一 ・『黄金…

飯嶋和一、泉谷閑示

1冊挫折、1冊読了。 挫折1『「普通がいい」という病』泉谷閑示〈いずみや・かんじ〉(講談社現代新書、2006年)/著者はきっと頭のいい人なんだろう。それが裏目に出てしまっている。わかりやすい文章、有用かつ適切な引用文献の数々、そして明るい表情の近…

男は再び走り出した/『汝ふたたび故郷へ帰れず』飯嶋和一

・男は再び走り出した ・飯島和一作品の外情報 ・イエロージャーナリズム・『雷電本紀』飯嶋和一 ・『神無き月十番目の夜』飯嶋和一 ・『始祖鳥記』飯嶋和一 ・『黄金旅風』飯嶋和一 ・『出星前夜』飯嶋和一 ・『狗賓童子(ぐひんどうじ)の島』飯嶋和一 ボ…

飯嶋和一

1冊読了。 58冊目『汝ふたたび故郷へ帰れず』飯嶋和一〈いいじま・かずいち〉(河出書房新社、1989年/リバイバル版 小学館、2000年/小学館文庫、2003年)/表題作と短篇二つが収められている。私が読んだのは、リバイバル版だが、小学館は活字がよくない。…

飯嶋和一

『汝ふたたび故郷へ帰れず』飯嶋和一(河出書房新社、1989年/リバイバル版 小学館、2000年、小学館文庫、2003年)/表題作と短篇二つが収められている。今日読み終えたのは表題作のみ。その事実を記録しておきたかった。私の中の孤独な魂が震え出し、止まる…

飯嶋和一

今年中に飯嶋和一作品を読み直し、読み尽くしたい。 飯嶋和一

時代の波を飛び越え、天翔けた男の物語/『始祖鳥記』飯嶋和一

・『汝ふたたび故郷へ帰れず』飯嶋和一 ・『雷電本紀』飯嶋和一 ・『神無き月十番目の夜』飯嶋和一 ・時代の波を飛び越え、天翔けた男の物語 ・国産発のジェット旅客機MRJが初飛行・『黄金旅風』飯嶋和一 ・『出星前夜』飯嶋和一