古本屋の覚え書き

「ただ独り、不確かな道を歩め」エリアス・カネッティ

曖昧な死刑制度/『13階段』高野和明

・曖昧な死刑制度・『グレイヴディッガー』高野和明・『幽霊人命救助隊』高野和明・『ジェノサイド』高野和明・必読書リスト その一 「それで」と南郷は続けた。「他人を殺せば死刑になることくらい、小学生だって知ってるよな?」「ええ」「重要なのはそれ…

祭り上げられた聖者/『通りすぎた奴』眉村卓

・祭り上げられた聖者・必読書リスト その一 水の上へ右足を一歩踏み出す。その足が沈む前に左足を前に出す。更に、左足が沈まない内に右足を繰り出す。こうすれば水の上も歩けるだろう。観念論を嗤(わら)う喩(たと)えとしてよく用いられる話である。 そ…

大阪のドヤ街を駆け抜ける乙女/『地下足袋の詩(うた) 歩く生活相談室18年』入佐明美

・『裸でも生きる 25歳女性起業家の号泣戦記』山口絵理子 ・大阪のドヤ街を駆け抜ける乙女・『職業は武装解除』瀬谷ルミ子・キリスト教を知るための書籍・必読書リスト 入佐明美は中学2年の時、岩村昇医師の存在を知った。岩村は日本キリスト教海外医療協力…

捨てる覚悟/『将棋の子』大崎善生

・『真剣師 小池重明 “新宿の殺し屋"と呼ばれた将棋ギャンブラーの生涯』団鬼六・『聖(さとし)の青春』大崎善生・「女性は男性より将棋が弱い」 ・捨てる覚悟・『泣き虫しょったんの奇跡 サラリーマンから将棋のプロへ』瀬川晶司・『傑作将棋アンソロジー …

人生の逆境を跳ね返し、泣きながら全力疾走する乙女/『裸でも生きる 25歳女性起業家の号泣戦記』山口絵理子

・人生の逆境を跳ね返し、泣きながら全力疾走する乙女 ・バングラデシュでは、みんな、生きるために、生きていた・真っ黒な顔の微笑み・『裸でも生きる2 Keep Walking 私は歩き続ける』山口絵理子・『輝ける場所を探して 裸でも生きる3 ダッカからジョグジャ…

正しい歩き方=疲れない歩き方/『調子いい!がずっとつづく カラダの使い方』仲野孝明

・『新正体法入門 一瞬でゆがみが取れる矯正の方程式』橋本馨 ・正しい歩き方=疲れない歩き方・『寝たきり老人になりたくないなら大腰筋を鍛えなさい』久野譜也・身体革命・必読書リスト その一 つまり、 無意識に立っているから、【立っていると疲れる】 …

新型コロナウイルスへの対処法/『免疫力が10割 腸内環境と自律神経を整えれば病気知らず』小林弘幸、玉谷卓也監修

・『臓器の急所 生活習慣と戦う60の健康法則』吉田たかよし・『医学常識はウソだらけ 分子生物学が明かす「生命の法則」』三石巌・『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』デイヴ・アスプリー・『医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった…

余ったトウモロコシのために清涼飲料水が発明された/『医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68』牧田善二

・『ファストフードが世界を食いつくす』エリック・シュローサー・『「食べもの神話」の落とし穴 巷にはびこるフードファディズム』高橋久仁子・『給食で死ぬ!! いじめ・非行・暴力が給食を変えたらなくなり、優秀校になった長野・真田町の奇跡!!』大塚貢、…

炎症が現代病の原因/『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』デイヴ・アスプリー

・『ファストフードが世界を食いつくす』エリック・シュローサー・『「食べもの神話」の落とし穴 巷にはびこるフードファディズム』高橋久仁子・『給食で死ぬ!! いじめ・非行・暴力が給食を変えたらなくなり、優秀校になった長野・真田町の奇跡!!』大塚貢、…

医原病/『医学常識はウソだらけ 分子生物学が明かす「生命の法則」』三石巌

・『医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68』牧田善二・『コレステロール値が高いほうがずっと長生きできる』浜崎智仁 ・医原病 ・高血圧と食塩摂取とのあいだにはほとんど因果関係がない・身体革命・必読書リスト そ…

「胸に痛みのない心筋梗塞」がある/『臓器の急所 生活習慣と戦う60の健康法則』吉田たかよし

・『心臓は語る』南淵明宏 ・「胸に痛みのない心筋梗塞」がある・『免疫力が10割 腸内環境と自律神経を整えれば病気知らず』小林弘幸、玉谷卓也監修・必読書リスト その一 【健康で長生きするための秘訣は、安静にしているときにはしっかり心拍数を下げて、…

弁護士を信用するな/『証拠調査士は見た! すぐ隣にいる悪辣非道な面々』平塚俊樹

・『桶川ストーカー殺人事件 遺言』清水潔 ・弁護士を信用するな・『実子誘拐ビジネスの闇』池田良子・必読書リスト また、これも重要なことだが、弁護士をすぐに信用しないことだ。いまだに日本人はこの職業名に弱いようだが、クズみたいな弁護士が世の中に…

生死を超えた母子の絆/『彩花へ、ふたたび あなたがいてくれるから』山下京子、東晋平

・『がんばれば、幸せになれるよ 小児ガンと闘った9歳の息子が遺した言葉』山崎敏子・『いのちの作文 難病の少女からのメッセージ』綾野まさる、猿渡瞳・『「疑惑」は晴れようとも 松本サリン事件の犯人とされた私』河野義行・『淳』土師守・『彩花へ 「生き…

絶望を希望へと転じた崇高な魂の劇/『彩花へ 「生きる力」をありがとう』山下京子

・『がんばれば、幸せになれるよ 小児ガンと闘った9歳の息子が遺した言葉』山崎敏子・『いのちの作文 難病の少女からのメッセージ』綾野まさる、猿渡瞳・『「疑惑」は晴れようとも 松本サリン事件の犯人とされた私』河野義行・『淳』土師守 ・絶望を希望へと…

冤罪に陥れられながらも決して翻弄されることがなかった男の手記/『「疑惑」は晴れようとも 松本サリン事件の犯人とされた私』河野義行

・冤罪に陥れられながらも決して翻弄されることがなかった男の手記・『彩花へ 「生きる力」をありがとう』山下京子・『彩花へ、ふたたび あなたがいてくれるから』山下京子・『生きぬく力 逆境と試練を乗り越えた勝利者たち』ジュリアス・シーガル・『夜と霧…

東日本大震災~釜石の奇蹟 生存率99.8%/『人が死なない防災』片田敏孝

・『人はなぜ逃げおくれるのか 災害の心理学』広瀬弘忠・『新・人は皆「自分だけは死なない」と思っている 自分と家族を守るための心の防災袋』山村武彦 ・東日本大震災~釜石の奇蹟 生存率99.8% ・釜石の子供たちはギリギリのところで生き延びることができ…

集団同調性バイアスと正常性バイアス/『新・人は皆「自分だけは死なない」と思っている 自分と家族を守るための心の防災袋』山村武彦

・『人はなぜ逃げおくれるのか 災害の心理学』広瀬弘忠 ・集団同調性バイアスと正常性バイアス ・エキスパート・エラー・『人が死なない防災』片田敏孝・『無責任の構造 モラルハザードへの知的戦略』岡本浩一・『最悪の事故が起こるまで人は何をしていたの…

日常生活における武士道的リスク管理/『父、坂井三郎 「大空のサムライ」が娘に遺した生き方』坂井スマート道子

・『国民の遺書 「泣かずにほめて下さい」靖國の言乃葉100選』小林よしのり責任編集・『大空のサムライ』坂井三郎 ・日常生活における武士道的リスク管理 ・少女監禁事件に思う ・高いブロック塀は危険・『新編 知覧特別攻撃隊 写真・遺書・遺詠・日記・記録…

キラキラした、もしくはギラギラした人生/『メッセージ 告白的青春論』丸山健二

・『穴と海』丸山健二・『さらば、山のカモメよ』丸山健二 ・キラキラした、もしくはギラギラした人生・『ミッドナイト・サン 新・北欧紀行』丸山健二・『野に降る星』丸山健二・『千日の瑠璃』丸山健二・『見よ 月が後を追う』 丸山健二・『丸山健二エッセ…

モノが少ないほど人生は充実する/『たった1分で人生が変わる片づけの習慣』小松易

・『「捨てる!」技術』辰巳渚・『人生がときめく片づけの魔法』近藤麻理恵・『コミック版 たった1分で人生が変わる片づけの習慣』小松易 ・モノが少ないほど人生は充実する・『たった1分で人生が変わる片づけの習慣 実践編』小松易・『人生を掃除する人しな…

天才とは発想力・表現力・論理力を兼ね備えた人/『あなたを天才にするスマートノート』岡田斗司夫

・天才とは発想力・表現力・論理力を兼ね備えた人・サインペン、ボールPentel vs. Vコーン、エナージェル、トラディオ・プラマン・必読書リスト 「天才」とはなんでしょうか?「天才」とは、以下の3つの能力を兼ね備えた人です。1)発想力2)表現力3)論理力…

読書讃歌/『書斎の鍵 父が遺した「人生の奇跡」』喜多川泰

・『賢者の書』喜多川泰・『君と会えたから……』喜多川泰・『手紙屋 僕の就職活動を変えた十通の手紙』喜多川泰・『心晴日和』喜多川泰・『「また、必ず会おう」と誰もが言った 偶然出会った、たくさんの必然』喜多川泰・『きみが来た場所 Where are you from…

拷問され、麻酔なしで切り刻まれるウイグル人/『命がけの証言』清水ともみ、楊海英

・『夜と霧 ドイツ強制収容所の体験記録』ヴィクトール・E・フランクル:霜山徳爾訳・『アウシュヴィッツは終わらない あるイタリア人生存者の考察』プリーモ・レーヴィ・『ルワンダ大虐殺 世界で一番悲しい光景を見た青年の手記』レヴェリアン・ルラングァ…

隣国で行われている現在進行系の大虐殺/『私の身に起きたこと とあるウイグル人女性の証言』清水ともみ

・『夜と霧 ドイツ強制収容所の体験記録』ヴィクトール・E・フランクル:霜山徳爾訳・『アウシュヴィッツは終わらない あるイタリア人生存者の考察』プリーモ・レーヴィ・『ルワンダ大虐殺 世界で一番悲しい光景を見た青年の手記』レヴェリアン・ルラングァ …

『実践「免疫革命」爪もみ療法』

読む順番。どちらも必読書。 『実践「免疫革命」爪もみ療法』福田稔 →『長生きは「唾液」で決まる! 「口」ストレッチで全身が健康になる』植田耕一郎

Bloggerの幅サイズを修正

『復讐の毒鼓』

ピッコマだと81話から有料になる。1話だけ無料チケットで読み、その後はCOMICOのレンタル券で読める。『10 TEN』も69話から有料で鼻白む。なぜウェブ上で漫画喫茶が不可能なのか? 漫画版のSpotifyが望まれる。

伏見威蕃

伏見威蕃はどちらかというと好きな訳者である。ところが、「自動化(オートマチック)、手順自動化(オートメーション)、自律(オートノミー)」を入力していると違和感を覚えた。「結び付いている」は「結びついている」の方がよい。昨今は読むスピードに…

ヒトの能力

ヒトの知的能力・身体的能力は戦争において最大限に発揮される。その模擬的行為こそがスポーツなのだろう。『無人の兵団 AI、ロボット、自律型兵器と未来の戦争』を読みながら、ふと思った。

関連書

常歩(なみあし)本の後に『「疲れない身体」をいっきに手に入れる本 目・耳・口・鼻の使い方を変えるだけで身体の芯から楽になる!』藤本靖を挿入。素晴らしい閃きだ。 今読んでいる『実子誘拐ビジネスの闇』池田良子が良書。法律の陥穽に付け込んで、人権…