書評:メディア

情報、知識、思想、哲学、宗教/『おテレビ様と日本人』林秀彦

一見すると、林秀彦の真剣さは強迫神経症をかもし出し、真面目さは被害妄想に導いているように感じられる。それはきっと半分当たっている。もう半分は「行き過ぎた成功からの反動による行き過ぎた自省」であろう。メディアの寵児(ちょうじ)は誰よりもメデ…

理工系人間は正確さにこだわり、人文系人間は意味を尊重する/『おテレビ様と日本人』林秀彦

林秀彦は、人気テレビドラマ『鳩子の海』や『七人の刑事』の脚本を書いた人物。後に、バラエティショーの司会やFMのディスクジョッキーも務めた。その“テレビ側の人物”が、怒りを込めて完膚なきまでにテレビの毒性を糾弾している。 この本は賛否両論が極端に…

政府に奉仕する記者クラブ/『ジャーナリズム崩壊』上杉隆

世界に類を見ない記者クラブ制度を徹底的に糾弾している。私が初めて記者クラブ問題を知ったのは、カレル・ヴァン・ウォルフレン著『日本/権力構造の謎』(早川書房、1990年/ハヤカワ文庫、1994年)を読んでのこと。ウォルフレンは外国人記者を排除する日…

和田アキ子という代理オヤジ/『テレビ標本箱』小田嶋隆

テレビを観なくなってから一年ほど経過している。いや一年は大袈裟だな。9ヶ月くらいか。この間に観たのは、NHKスペシャル1回のみである。既にスイッチを入れないというレベルではなくて、コンセントが抜きっ放しになっている有り様だ。我が家にあってテレビ…

亀田大毅とメディアの豹変/『テレビ救急箱』小田嶋隆

テレビはいつだって「利用できる人」を探している。少しばかり注目が集まると、直ぐにハシゴをかける。で、雲行きが怪しくなった途端、ハシゴを外してみせるのだ。 (※亀田)大毅の態度は擁護できない。容認もできない。が、パンチは、自分に返って来る。ボ…

アメリカ軍国主義が日本を豊かにした/『メディア・コントロール 正義なき民主主義と国際社会』ノーム・チョムスキー

『9.11 アメリカに報復する資格はない!』ノーム・チョムスキー 近代政府による組織的な宣伝活動 アメリカ軍国主義が日本を豊かにした ウォルター・リップマンの策略 観客民主主義 民主主義の新しい革命的な技法=合意のでっちあげ 「必要な幻想」による「過…

小田嶋隆による『広告批評』批判 その三/『罵詈罵詈 11人の説教強盗へ』小田嶋隆

小田嶋隆による『広告批評』批判 その一/『罵詈罵詈 11人の説教強盗へ』小田嶋隆 小田嶋隆による『広告批評』批判 その二/『罵詈罵詈 11人の説教強盗へ』小田嶋隆 これで最後。小田嶋隆の結論は鋭い。横に薙(な)いだ刀で、広告宣教師・天野祐吉の上半身…

小田嶋隆による『広告批評』批判 その二/『罵詈罵詈 11人の説教強盗へ』小田嶋隆

小田嶋隆による『広告批評』批判 その一/『罵詈罵詈 11人の説教強盗へ』小田嶋隆 彼は『広告批評』という雑誌を創刊した。 そして、テレビの画面や、雑誌の誌面や、講演の舞台の上でも、繰り返し繰り返し、広告の効用を説いてきた。 言って見(ママ)れば、…

小田嶋隆による『広告批評』批判 その一/『罵詈罵詈 11人の説教強盗へ』小田嶋隆

「その三」まで続く予定。ご存じのように『広告批評』という雑誌を主宰したのは天野祐吉だった。何を隠そう私も昔っから嫌いだった。あの飄々とした文章や物腰は、悪意を封印する目的があったと推察している。結論は常に断定を避け、善悪をウヤムヤにしてい…

情報の歪み=メディア・バイアス/『メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学』松永和紀

3ヶ月ほど前に読了していたのだが書き忘れていた。これは好著。安部司著『食品の裏側 みんな大好きな食品添加物』を鵜呑みにしている人(筆頭は宮台真司)は必読。 メディアの仕事は事実を報道することが半分で、残りの半分はデマを捏造することだ。特に映像…

生き生きとした人物描写と興味深いエピソードで読ませる/『戦争報道の内幕』フィリップ・ナイトリー

翻訳に際して数章ほど割愛したとのことだが、それでも十分な厚さ。資料としても耐え得る量でありながら、きちんとした読み物になっているところが凄い。1854年から1975年に至るまでの戦争(クリミヤ戦争からベトナム戦争まで)をフォローした労作。 マルタ遠…

若手芸人の役回りはイジメ被害者の「モガキ」/『テレビ救急箱』小田嶋隆

私は高校生の頃から、30歳過ぎまで殆どテレビを見てこなかった。そのため、社会から懸け離れてしまうことを恐れて、新聞の番組表だけはしっかりと読んできた。それで困ったことといえば、何一つない。多分、得していることの方が多いことだろう。 テレビとい…

近代政府による組織的な宣伝活動/『メディア・コントロール 正義なき民主主義と国際社会』ノーム・チョムスキー

『9.11 アメリカに報復する資格はない!』ノーム・チョムスキー 近代政府による組織的な宣伝活動 アメリカ軍国主義が日本を豊かにした ウォルター・リップマンの策略 観客民主主義 民主主義の新しい革命的な技法=合意のでっちあげ 「必要な幻想」による「過…

『テレビ標本箱』小田嶋隆

小田嶋隆がナンシー関の衣鉢を継ぐことを試みた作品。残念ながら私はナンシー作品を一冊も読んでない。それにしても、小田嶋隆の目のつけどころと、説明能力の高さには、いつもながら驚かされる。オタクの視線が社会と時代に向けられると、諸問題をカミソリ…

『議論のウソ』小笠原喜康

文章がやや生硬なのは大学教授のせいか。メディア・リテラシーの手引きといった内容。私としては少々物足りなかった。「権威のウソ」と題して、『ゲーム脳の恐怖』というベストセラーを俎上(そじょう)に乗せて、バッサバッサと切りまくっている。ゲームを…

『不肖・宮嶋 メディアのウソ、教えたる!』宮嶋茂樹

報道カメラマンの宮嶋茂樹氏が、中学生向けにメディアリテラシーを説いた本。実にわかりやすく丁寧な文章が著者の人間性を表している。学校の先生は必読。中学の教科書に採用してもらいたいぐらいだ。巻末では、自分がカメラマンになった経緯を紹介し、将来…

『TVニュース 七つの大罪 なぜ、見れば見るほど罠にはまるのか』ニール・ポストマン/石川好監修

日本はどういうわけか、民法テレビ局はいずれも新聞社の系列に連なっている。メディアが寡占状態となるのは、受け手にとっては好ましい状態とはいえないだろう。検索で調べてみたが、この辺りの事情はよくわからなかった。以下、参考までに―― 資本系列 テレ…

『虹をつくる男たち コマーシャルの30年』向井敏

向井敏、逝去――このニュースを新聞で知った時、少なからぬショックを受けた。この本を読み終えたのは亡くなる少し前だったから、何か因縁があったのかも知れぬ。学生の時に伝説的なガリ版同人誌『えんぴつ』を発行。盟友、開高健と谷沢永一に挟まれた彼は、…

『紙の中の黙示録 三行広告は語る』佐野眞一

生傷から病巣を覗いてみせる渾身のルポ 副題は「三行広告は語る……」。普段は目にも止めない三行広告であるが佐野の手腕にかかると恐るべき社会の現実が立ち現れてくる。ご存じのように、この手の広告はデザイナーやコピーライターを必要とすることもなく、略…

読者と記者が奏でる喜怒哀楽のハーモニー/『記者の窓から 1 大きい車どけてちょうだい』読売新聞大阪社会部〔窓〕

読者と記者が奏でる喜怒哀楽のハーモニー 『交通事故鑑定人 鑑定暦五〇年・駒沢幹也の事件ファイル』柳原三佳 『自動車の社会的費用』宇沢弘文 黒田軍団とあだ名された、黒田清率いる読売新聞大阪社会部が、新機軸として紙面に掲載した「窓」欄(1980年1月1…

『新版 写真のワナ』新藤健一

真偽に迫るひたむきな眼差し スリリングな本だ。写真の読み方を解いた内容なのだが、声高に糾弾したり、専門家ヅラして能書きを垂れるような態度はこれっぽっちもない。読み易い言葉は、思索と熟考の果てから生まれたものだろう。何にも増して写真に対する真…