書評:紀行

生き生きとしたアメリカのスケッチ/『チャーリーとの旅』ジョン・スタインベック

竹内真の新訳。実にあっさりした文体となっている。功成り名を遂げたスタインベックがキャンピングカー(ロシナンテ号)でアメリカ再発見の旅に出る。愛犬のチャーリーを伴って。 文豪の手にかかると、何気ない日常の風景が生き生きと躍動するスケッチ画とな…

『ミッドナイト・サン 新・北欧紀行』丸山健二

殴られる心地好さ 私は軽井沢の地にいた。新世紀初のゴールデン・ウィークを、余りにも有名となった避暑地で優雅に過ごす予定だった。2日に出発。クルマで向かう途中、怪しげな顔を見せていた雲がパラパラと雨を落としてきた。面子が悪過ぎた。古書店仲間だ…