2009-07-15から1日間の記事一覧

『失語と断念 石原吉郎論』内村剛介(思潮社、1979年)

失語と断念 石原吉郎論

「Try Jah Love」Third World

スティーヴィー・ワンダーがプロデュースしたこの曲をレゲエだと勘違いした者が多かった。私もその一人である。まだ10代だったからね。だが、サード・ワールドを介して、ボブ・マーリーに辿り着いた者もまた多かった。いずれにせよ名曲である。

バルカンのホスピタリティ/『終わらぬ「民族浄化」 セルビア・モンテネグロ』木村元彦

コソボ紛争は複雑である。まず、ユーゴスラビア紛争を理解しなくてはならない。 コソボ問題 わかりやすく ユーゴスラビアという国家は、チトー大統領の傑出したリーダーシップによって諸民族が微妙なバランスを取ることで成り立っていた。チトーの死(1980年…