1997-07-01から1ヶ月間の記事一覧

『檻』北方謙三

和製ハードボイルドの黎明を告げる佳作 『檻』再読に値せず、と私は断ずるものだ。 この本が出た時、私は二十歳(はたち)だった。あの頃の興奮・熱・余韻……。日本のハードボイルドの夜明けが遂に到来したかと息を飲んだまま、ペ−ジを繰る手ももどかしく、本…