メディア

一部週刊誌に抗議の手記/北谷町米兵暴行事件

強姦救援センター・沖縄(REICO)は24日、北谷町で発生した米軍曹による女性暴行事件の被害女性からREICOに対し「一部週刊誌の報道や取材におびえる生活を強いられ、精神的にもどん底の状態にある」とする訴えがあったと発表、マスコミや社会に対し被害者の視…

誤報:朝日新聞阪神支局襲撃の手記掲載 週刊新潮の対応に疑問の声

識者ら「第三者委が必要」 虚偽の証言に基づく誤報が今年、相次いでいる。日本テレビの「真相報道バンキシャ!」が岐阜県庁の裏金問題に絡み、関係者のうそ証言を放送したのに続き、朝日新聞襲撃事件を巡って「実行犯」の手記を掲載した週刊新潮が、誤報だっ…

朝日新聞阪神支局襲撃:週刊新潮誤報 編集長「捏造したわけでない」 「被害者」強調

朝日新聞阪神支局襲撃事件の「実行犯」の手記を掲載した週刊新潮の早川清編集長は15日、毎日新聞の取材に裏付け取材の不足を認めたが、「結果的に誤報だったが、捏造(ねつぞう)したわけではない」と、島村征憲氏のうそに翻弄(ほんろう)された被害者との…

陸上の為末選手、新潮社に勝訴 記事巡り220万円賠償命令

陸上男子400メートル障害の為末大選手が週刊新潮の記事や広告で名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社などに計4500万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁(畠山稔裁判長)は15日、広告が名誉棄損に当たると認定し、新潮社側に220万円の支払…

講談社などに4290万円賠償命令 大相撲八百長報道

大相撲の「八百長」疑惑を報じた雑誌「週刊現代」の記事をめぐる名誉棄損訴訟で、東京地裁は26日、発行元の講談社(東京都文京区)などに計4290万円の支払いと、記事を取り消す内容の広告を同誌に掲載するよう命じる判決を言い渡した。中村也寸志裁判長は「…

藤川球児がメディアに反論

色々と皆さんが困惑するような報道もされているようなので、自分の言葉で今の気持ちを伝えたいと思います。 今回のWBCは、自分のためではなく、チームのために責任を果たすという気持ちで代表入りを決めました。 結果的に、世界一という最高の成果が出たこと…

新潮社社長らに貴乃花親方への賠償命令 東京地裁判決

大相撲の貴乃花親方夫妻が、相続問題や八百長疑惑に関する週刊新潮の5本の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社などに計約3700万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は4日、新潮社側に計375万円の支払いと謝罪広告掲載を命じた。松本…

週刊新潮・名誉棄損損賠訴訟:野中氏への名誉棄損認め、新潮社に賠償命令

自民党の野中広務元幹事長が週刊新潮の記事で名誉を傷付けられたとして、発行元の新潮社に5500万円の賠償を求めた訴訟で、東京地裁は30日、110万円の支払いを命じた。同誌は07年9月、「やはり『密室』で総理を決めた『新5人組』の暗躍」と題し、野中氏や森喜…

新潮社に990万円の賠償命令 楽天社長らの名誉棄損

週刊新潮の虚偽の記事で社会的評価が低下したとして、楽天と同社の三木谷浩史社長らが発行元の新潮社などに計14億8000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(原優裁判長)は26日、記事が名誉棄損にあたると認め、新潮社側に計990万円の支払いを命じ…

文芸春秋に220万円賠償命令 東京地裁、偽メール記事で

ライブドアの粉飾決算事件に絡み、偽メールを民主党の故永田寿康元衆院議員に提供した元会社役員らが、「週刊文春」の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の文芸春秋に計5500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は19日、同社に220万円の支払い…

サンマリノ共和国の勝訴確定 週刊新潮名誉毀損訴訟で最高裁決定

サンマリノ共和国の駐日大使館がカジノを運営しているかのように報じた週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、同国が発行元の新潮社に5000万円の損害賠償などを求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(今井功裁判長)は21日、新潮社側の上告を退ける決…

文春の「中国買春」記事 谷垣元国交相の勝訴確定

中国で買春したかのような記事を「週刊文春」に掲載され、名誉を傷つけられたとして、谷垣禎一元国交相が発行元の文芸春秋などに損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)は11日、文芸春秋側の上告を受理しない決定をした。220万…

新潮社側敗訴が確定=創価学会副理事長の名誉棄損−最高裁

「週刊新潮」の記事で名誉を傷つけられたとして、創価学会の山本武副理事長が発行元の新潮社などに1100万円の損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は4日付で、新潮社側の上告を棄却する決定をした。創価学会側の代理人が5日、…

植草被告、徳間書店に勝訴=「アサヒ芸能」記事で賠償命令−東京地裁

ほかにも痴漢行為があったとの週刊誌「アサヒ芸能」の記事で名誉を傷つけられたとして、エコノミスト植草一秀被告(47)=2審で実刑、上告=が発行元の徳間書店に2200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は21日、190万円の支払いを命じた。 村田渉…

植草元教授と小学館和解 痴漢報道で謝罪文も

東京都迷惑防止条例違反(痴漢行為)の罪に問われ、無罪を主張している元大学教授植草一秀被告(47)=一審実刑、控訴=が週刊誌「女性セブン」の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の小学館(東京)に1100万円の損害賠償を求めた訴訟は4日、小学館が同誌…

文藝春秋に330万円支払い命令 野中元衆院議員の元秘書の訴訟で

週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、野中広務元衆院議員の元私設秘書が、発行元の文藝春秋に慰謝料など計3300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が17日、東京地裁であった。土肥章大裁判長は330万円の支払いを命じた。週刊文春は平成14年12月26日号で…

セクハラ記事で名誉毀損、文芸春秋に275万円の賠償命令

週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、浅野健一・同志社大教授(59)が、発行元の文芸春秋と編集者に1億1000万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が27日、京都地裁であった。 中村哲裁判長は「記事の一部は真実ではなく、原告の社会的評価を低下させ…

サンマリノ共和国が勝訴 カジノ無関係で賠償命令

サンマリノ共和国の在日大使館が、治外法権を盾にカジノを運営しているかのような週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、同国が発行元の新潮社(東京)に5000万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は22日、300万円の支払いを命じた。 片田…

「JASRACが横暴な取り立て」は「真実との証明なし」 ダイヤモンド社に賠償命令

「週刊ダイヤモンド」に掲載された記事で名誉が傷つけられたとして、日本音楽著作権協会(JASRAC)がダイヤモンド社と記者に対し損害賠償を求めていた訴訟の判決があり、東京地裁(加藤謙一裁判長)は2月13日、「記事の内容は真実であることの証明がなく、ま…

明治製菓キシリッシュのCMは礼儀知らず

バナナマン日村と木村拓哉が登場するガムのCM。二人は同い年のようだが、公共の電波を利用した広告で、「お前」呼ばわりする感覚を疑う。木村拓哉が実に生意気に見え、タレント価値を貶(おとし)める結果になっている。

北芝さんに100万賠償命令 警察OBの名誉棄損訴訟

元警察官でジャーナリストの黒木昭雄さんが、雑誌上の発言で中傷され、名誉を傷つけられたとして、同じく警察出身で執筆活動をしている北芝健さんに1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は7日、100万円の支払いを命じた。 鶴岡稔彦裁判長は「黒…

古舘の言語明瞭意味不明 「敢えて報告」とは何なのか

「不正」を追及する姿勢が売り物のテレビ朝日のニュース番組「報道ステーション」だが、矛先が自身に向けられると「おとぼけ」まで繰り出すらしい。2007年11月に放送したマクドナルド店舗での「調理日偽装」報道問題で、テレ朝が、放送倫理・番組向上機構(B…

広告で毎日新聞前社長を名誉棄損、新潮社への賠償命令確定

毎日新聞の斎藤明前社長が、週刊新潮の記事や広告で名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社などに損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は1日、新潮社側の上告を棄却する決定をした。 広告の見出しに限って名誉棄損を認めて…

新潮社に訂正広告命じる 輸送車襲撃被告の名誉棄損

大阪市の現金輸送車襲撃事件で無期懲役判決を受けた無職N泰被告(77)=上告=が週刊新潮の記事で名誉を傷付けられたとして、損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁(大和陽一郎裁判長)は31日、新潮社に訂正広告の掲載を命じた。賠償額は計80万…

大食い白田がテレ東に苦言 「田舎に泊まろう! お願いし過ぎ!」

J-CASTニュース

江原啓之がフジを痛烈批判 「虚偽の提案でだまされた」

J-CASTニュース

セコム、「電気工事人を侮辱」したCMを中止

セコムは現在放送している同社のテレビCMを一旦差し止めると2007年5月29日に発表した。このCMは、身の危険を感じたときにボタンを押すとGPS(衛星利用測位システム)などから場所を特定して警備員が駆け付ける「ココセコム」サービスに関するもの。電柱上の…

フジテレビ江原氏番組/「倫理に反する」放送倫理検証委員会

江原氏番組「倫理に反する」…フジ「あるある」の教訓生かせず NHKと民放が作る「放送倫理・番組向上機構」(BPO)の放送倫理検証委員会は21日、フジテレビが昨年7月に放送したバラエティー番組「FNS27時間テレビ『ハッピー筋斗雲』」内でスピリチュアルカウ…

「永田メール」記事で「アサ芸」に賠償命令

詐欺人生を送ってきたとする記事を「週刊アサヒ芸能」に書かれ、名誉を傷つけられたとして、民主党の永田寿康元衆院議員に「送金指示」メールを提供した西沢孝さんらが、出版元の徳間書店(東京)に計5500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は23…

細木数子さん弟の記事で「女性自身」に110万円賠償命令

週刊誌「女性自身」の記事で名誉を傷つけられたとして、占い師細木数子さんの弟が、発行元の光文社に損害賠償を求めた訴訟の判決が18日、東京地裁であった。阿部潤裁判長は「記事の内容は真実ではなく、真実と信じる理由もない」と述べ、同社に110万円の賠償…