書評:宗教

自由を達成するためには、どんな組織にも、どんな宗教にも加入する必要はない/『自由と反逆 クリシュナムルティ・トーク集』J・クリシュナムルティ

「人生は幸福よりも自由を目指すべきだ」──そう思うようになったのは40代になってからのことだ。わけのわからないルール、しがらみ、決まり事が私を縛ろうとしていた。40代は堕落の季節だ。残された人生も何となく見通しがついて保守的な傾向が強まる。腐臭…

体験は真実か?/『自己の変容 クリシュナムルティ対話録』クリシュナムルティ

『最後の日記』J・クリシュナムルティ 体験は真実か? 『英知の教育』J・クリシュナムルティ 「計画停電だと? ふざけんじゃねーよ!」と声を大に叫んだところで、パソコンは立ち上がらないし、トイレの水も流れない(集合住宅のため水道ポンプも動かず)。…

統一教会の霊感商法/『霊と金 スピリチュアル・ビジネスの構造』櫻井義秀

タイトルが上手い。素人向けの宗教社会学ともいうべき内容。真摯かつ真面目な考察。ま、面白味には欠けるわな。 宗教とカネ。信じる者と書いて「儲ける」とはいうなり(笑)。なぜ信仰にカネがかかるのだろうか? それは宗教が生け贄(にえ)を必要とするか…

クリシュナムルティの悟りと諸法実相/『クリシュナムルティの神秘体験』J・クリシュナムルティ

『生と覚醒(めざめ)のコメンタリー クリシュナムルティの手帖より 1』J・クリシュナムルティ クリシュナムルティの悟りと諸法実相 『クリシュナムルティの日記』J・クリシュナムルティ 悟りとは 間違えてもこの本を最初に読んではいけない。本書から入って…

仏教的時間観は円環ではなく螺旋型の回帰/『仏教と精神分析』三枝充悳、岸田秀

脳は言葉に支配されている。思考が言葉という情報によって成り立っている以上、人は言葉に束縛される。意識とは言語化可能な状態と言い換えてもよいだろう。 懐疑や批判の難しさもここにある。示された言葉【以外】の知識がなければ、そもそも判断のしようが…

仏教の実像をわかりやすく探る/『仏教の謎を解く』宮元啓一

決して悪い本ではない。初心者向けの内容でありながらも、きちんと要所を衝いている。手放しで褒めるわけにいかないのは著者が放つ嫌な臭いである。尊大かつ傲慢な素振りを私は感じた。ほんの数ページではあるが結果的に全体を台無しにしてしまっている。 と…

カトリックとプロテスタントの風俗史/『宗教改革の真実 カトリックとプロテスタントの社会史』永田諒一

歴史は海のうねりのようにゆっくりと動く。劇的な変化もよく目を凝らして見れば、長期間にわたって圧力や負荷に覆われていることがわかる。小事が積もり積もって大事へ至る。 中世の宗教改革を社会史の観点から読み解いている。 宗教改革と宗派対立の時代と…

権威者の過ちが進歩を阻む/『科学と宗教との闘争』ホワイト

『ニューステージ 世界史詳覧』浜島書店編集部編 権威者の過ちが進歩を阻む 化物世界誌と対蹠面存在否定説の崩壊 自由とは良心に基いた理性/『思想の自由の歴史』J・B・ビュァリ キリスト教を知るための書籍 驚くべき名著。見事な教科書本である。書かれて…

生命とは情報空間と物理空間の両方にまたがっている存在/『苫米地英人、宇宙を語る』苫米地英人

経典本(きょうてんぼん)、あるいは神本(かみぼん)だ。しつこく書いておくが私は苫米地英人の人間性を信頼したことは、ただの一度もない。だからこそカテゴリーに「苫米地英人」を設けていないのである。それでも否応なく彼のアクロバティックな知的アプ…

自由とは良心に基いた理性/『思想の自由の歴史』J・B・ビュァリ

権威者の過ちが進歩を阻む/『科学と宗教との闘争』ホワイト 自由とは良心に基いた理性 合理性を阻む宗教的信念 魔女狩りの環境要因/『魔女狩り』森島恒雄 キリスト教を知るための書籍 歴史を俯瞰すると鮮やかに色彩が変わる時期がある。そのグラデーション…

魔女狩りの環境要因/『魔女狩り』森島恒雄

『思想の自由の歴史』J・B・ビュァリ:森島恒雄訳 魔女は生木でゆっくりと焼かれた 魔女狩りの環境要因 魔女狩りの心情 コロンブスによる「人間」の発見/『聖書vs.世界史 キリスト教的歴史観とは何か』岡崎勝世 キリスト教を知るための書籍 歴史を学ぶこと…

神秘時代のクリシュナムルティ/『大師のみ足のもとに/道の光』J・クリシュナムルティ、メイベル・コリンズ

神秘時代のクリシュナムルティ 『自己変革の方法 経験を生かして自由を得る法』クリシュナムーティ著、メリー・ルーチェンス編 クリシュナムルティが14歳で記した一書。マスター・クートフーミからのお告げとされている。神智学協会の重要なテキスト。 この…

人間は不完全な情報システムである/『なぜ、脳は神を創ったのか?』苫米地英人

既に『月刊苫米地』と化しつつある。それだけアイディアが豊富ということなのか。確かに頭のいい人物である。でも私は信用してないよ(笑)。断じて。書籍を乱発しているのは高額なセミナーへと誘導するためだろう。ま、行きたい人は勝手にしろ。 ホームペー…

宗教の語源/『精神の自由ということ 神なき時代の哲学』アンドレ・コント=スポンヴィル

米軍による原爆投下は人体実験だった/『洗脳支配 日本人に富を貢がせるマインドコントロールのすべて』苫米地英人 宗教の語源 神経質なキリスト教批判/『神は妄想である 宗教との決別』リチャード・ドーキンス キリスト教を知るための書籍 アンドレ・コン…

キリシタン4000人の殉教/『殉教 日本人は何を信仰したか』山本博文

『「私たちの世界」がキリスト教になったとき コンスタンティヌスという男』ポール・ヴェーヌ キリシタン4000人の殉教 殉教とは 『青い空』海老沢泰久 イエズス会のフランシスコ・ザビエルによってキリスト教が日本に伝えられたのは1549年のこと。「以後よく…

アナロジーは死の象徴化から始まった/『カミとヒトの解剖学』養老孟司

『唯脳論』養老孟司 霊界は「もちろんある」 夢は脳による創作 神は頭の中にいる 宗教の役割は脳機能の統合 アナロジーは死の象徴化から始まった ヒトは「代理」を創案する動物=シンボルの発生 自我と反応に関する覚え書き 『完全教祖マニュアル』架神恭介…

瞑想は偉大な芸術/『瞑想』J・クリシュナムルティ

瞑想に関するクリシュナムルティの箴言集である。10冊ほどの著作から抜粋したもの。中川吉晴の訳はわかりやすさに重きを置いているため、文章の香りが損なわれている。だが、新訳は必ず新しい発見を与えてくれる。 クリシュナムルティの教えを実践するには瞑…

吐かれた唾を集めた痰壷本/『わらの犬 地球に君臨する人間』ジョン・グレイ

ジョン・グレイが吐いた唾(つば)で全ページがドロドロになっている。ま、言うなれば痰壷本(たんつぼぼん)だ。タイムズを始めとする各紙が2009年の一冊に選んだそうだが、所詮欧米の話。キリスト教に打撃を与えるのはまことに結構なんだが、どうもこの著…

核兵器開発の総本山ロスアラモス国立研究所での講話/『クリシュナムルティ・開いた扉』メアリー・ルティエンス

ロスアラモス国立研究所といえばマンハッタン計画である。核兵器の開発はアインシュタインの署名を借りたルーズベルト大統領への信書から始まった(信書を書いたのは亡命ユダヤ人物理学者レオ・シラード)。アメリカの知性が結集され、1945年7月16日にトリニ…

瞑想とは何か/『クリシュナムルティの瞑想録 自由への飛翔』J・クリシュナムルティ

瞑想は冥想とも書く。「瞑」は目をつぶることで、「冥」は「くらい」と読む。冥(くら)き途(みち)と書いて冥途(めいど)と申すなり。 ブッダは瞑想の果てに仏となった。仏とは覚者の謂いで、ブッダという呼称には「目覚めた人」という意味がある。仏教で…

覚者は一法を悟る/『白い炎 クリシュナムルティ初期トーク集』J.クリシュナムルティ

収められているのは1927〜1930年に行われたインタビューと講話である。星の教会を解散したのが1929年だから、神秘宗教の匂いが強い。読むのであれば、後回しにするべきだ。つまらぬ先入観を持ってしまえば、クリシュナムルティをスピリチュアル系の枠組みで…

クリシュナムルティが放つ光/『クリシュナムルティ・実践の時代』メアリー・ルティエンス

三部作評伝の第二作で、『クリシュナムルティ・目覚めの時代』に続くもの。「プロセス」という悟達(ごだつ)の境地を経て、クリシュナムルティは神秘教団(星の教団)を解散する。この前後から1980年(85歳)までが描かれている。 傑出した人物は激動と混乱…

星の教団解散宣言〜「真理は途なき大地である」/『クリシュナムルティ・目覚めの時代』メアリー・ルティエンス

神智学協会から「世界教師」と目された青年は、真の世界教師として羽ばたこうとしていた。それは神秘教団に育てられた男が、神秘を粉砕する瞬間でもあった。クリシュナムルティは星の教団の解散を宣言した―― 1929年のオーメン・キャンプは、8月2日、緊張と期…

クリシュナムルティの人間宣言/『クリシュナムルティ・目覚めの時代』メアリー・ルティエンス

クリシュナムルティをニューエイジに貶めるべきではない クリシュナムルティの伝記三部作の第一作。翻訳は二作目の『クリシュナムルティ・革命の時代』(高橋重敏訳/めるくまーる、1988年)が先だったようだ。本書は「星の教団編」ともいうべき内容で神秘主…

時代に真っ向から反逆した日蓮/『日蓮とその弟子』宮崎英修

一般向けの作品ではない。マニア向け。本弟子六老僧の一人である日興の筆による「御遷化記録」(ごせんげきろく)を通して日蓮の逝去前後の経緯が詳しく描かれている。日蓮は貞応元年(1222年)に生まれ、弘安5年(1282年)に死去した。立教開宗(=初めて南…

無学な母親が語る偉大な哲学/『君あり、故に我あり 依存の宣言』サティシュ・クマール

無学な母親が語る偉大な哲学 個別性と他者との関係 ジャイナ教の非暴力 観察するものと観察されるもの 歩く瞑想 『生きる技法』安冨歩 サティシュ・クマールは自らの決意で9歳の時にジャイナ教僧侶となり、18歳でガンディーの思想と巡り会って還俗(げんぞく…

著者が唱える「顕密体制」に異議あり/『戦国仏教 中世社会と日蓮宗』湯浅治久

込み入った話題が多く一般向けではない。またテーマが曖昧なため、締まりを欠いた内容となっている。歴史の断片を取り上げることに異論はないが、意味性・物語性を示さなければ些末な事実で終わってしまう。 中ほど以降は飛ばし読みのため、思いつくままに書…

クリシュナムルティとの出会いは衝撃というよりも事故そのもの/『私は何も信じない クリシュナムルティ対談集』J・クリシュナムルティ

読み始めたのは10月の19日か20日だった。私はクリシュナムルティの名前は知っていたが、いかなる人物なのか皆目見当もつかなかった。ところが、『Zeitgeist Addendum/ツァイトガイスト・アデンダム』を観て一変した。プロローグとエピローグでクリシュナム…

鍋かむり日親/『反骨の導師 日親・日奥』寺尾英智、北村行遠

日蓮は国家権力と真っ向から対峙した人物だった。門下も好戦的で強烈なキャラクターの持ち主が多い。分裂を繰り返す日蓮系教団の中にあって、最も勇名を轟かせているのが日親(1407-1488年)である。足利幕府に捕えられた日親は、熱した鍋を頭にかぶせられて…

本地垂迹説/『鎌倉佛教 親鸞と道元と日蓮』戸頃重基

仏教の伝来に対する、氏神信仰からの激しい抵抗の結果、仏教の側では、一種の妥協と譲歩を余儀なくされた。インドの仏が、衆生(しゅじょう)を済度するために、神の姿でわが国に現れたとする本地垂迹説(ほんじすいじゃくせつ)こそ、仏教の神道に対する妥…