2010-10-31から1日間の記事一覧

マルティン・ルターが、ローマ教会の贖宥状の販売を糾弾する「95ヶ条の論題」を教会の壁に貼り出した日

今日はマルティン・ルターが、ローマ教会の贖宥状の販売を糾弾する「95ヶ条の論題」を教会の壁に貼り出した日(1517年)。1521年にカトリックを破門。プロテスタントの元祖となる。贖宥状の糾弾については飽くまでも神学上の疑問を呈したものであって、金儲…

フェルメールが生まれた日

今日はフェルメールが生まれた日(1632年)。17世紀にオランダで活躍した画家。レンブラントと並び17世紀のオランダ美術を代表する画家とされる。静謐で写実的な迫真性のある画面は、綿密な空間構成と巧みな光と質感の表現に支えられている。現存する作品は3…

秩父事件が起こった日

今日は秩父事件が起こった日(1884)。埼玉県秩父郡の農民が政府に対して起こした武装蜂起事件。自由民権運動の影響下に発生した、いわゆる「激化事件」の代表例ともされてきた。松方デフレによって農作物価格の下落が続き、農民は困窮。事件後、約14000名が…

『シャーロック・ホームズの冒険』が刊行された日、ベイジル・リデル=ハートが生まれた日

アーサー・コナン・ドイルのシャーロック・ホームズシリーズの最初の短編集『シャーロック・ホームズの冒険』が刊行された日(1892年)。イギリスの軍事評論家、軍事史研究者、戦略思想家ベイジル・リデル=ハートが生まれた日(1895年)。

「薬害エイズ」という言葉はおかしい

一般に「薬害」と呼ぶのは、サリドマイドやスモンのように、医薬品の有害作用がきわめて強く、反面、医薬品として残すだけの価値の少ないものを指します。つまり「薬」とは名ばかりで、「公害」と同様の「害悪そのもの」との意味合いです。 これに対して、麻…

党籍剥奪

党員だった者は党の名誉を汚(けが)したということで、より重い刑に処され、当然党員資格も剥奪(はくだつ)された。 【『チャイルド44』トム・ロブ・スミス/田口俊樹訳(新潮文庫、2008年)】 トム・ロブ・スミス

『新版 スピンはめぐる 成熟期の量子力学』朝永振一郎(みすず書房、2008年)

朝永振一郎による不朽の名著、待望の新版。あのパウリによって「古典的記述不可能な二価性」とも表現され、マクロな物理現象とのアナロジーを拒んだ“スピン”の真髄に迫ろうとするとき、本書のアプローチに優るものは想像しがたい。スピンの概念は紆余曲折の…

『量子論の発展史』高林武彦(ちくま学芸文庫、2010年)

連続量と考えられていたエネルギーにも最小単位があった! プランクは空洞輻射で量子の概念に至り、アインシュタインは光量子、ボーアは水素原子の量子論、ド・ブロイは物質波、ハイゼンベルクは行列力学を創出した。先の見えない道を、創造者たちはどのよう…

『不安定からの発想』佐貫亦男(講談社学術文庫)

ライト兄弟はどうして大空を飛べたのか。それを可能にしたものは、勇気と主体的な制御思想だった。空が不安定なものであることを受け入れ、過度な安定に身を置かず、自らが操縦桿を握ることで安定を生み出すのだと。それはわれわれの人生に重なる発想ではな…

魔女狩りの環境要因/『魔女狩り』森島恒雄

『思想の自由の歴史』J・B・ビュァリ:森島恒雄訳 魔女は生木でゆっくりと焼かれた 魔女狩りの環境要因 魔女狩りの心情 コロンブスによる「人間」の発見/『聖書vs.世界史 キリスト教的歴史観とは何か』岡崎勝世 キリスト教を知るための書籍 歴史を学ぶこと…