2010-01-17から1日間の記事一覧

クリシュナムルティが放つ光/『クリシュナムルティ・実践の時代』メアリー・ルティエンス

三部作評伝の第二作で、『クリシュナムルティ・目覚めの時代』に続くもの。「プロセス」という悟達(ごだつ)の境地を経て、クリシュナムルティは神秘教団(星の教団)を解散する。この前後から1980年(85歳)までが描かれている。 傑出した人物は激動と混乱…

表面的な不満

書評は追々書く予定だが、ある方にこの一文を贈る―― 君たちは寺院から寺院へ、ある夫や妻から他の人へと移るかもしれません。新しい先生や導師(グル)を見つけるかもしれません。しかし、この内的な喜びがなければ、生にはほとんど意味がありません。そして…