北芝さんに100万賠償命令 警察OBの名誉棄損訴訟

 元警察官でジャーナリストの黒木昭雄さんが、雑誌上の発言で中傷され、名誉を傷つけられたとして、同じく警察出身で執筆活動をしている北芝健さんに1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は7日、100万円の支払いを命じた。
 鶴岡稔彦裁判長は「黒木さんが虚偽情報に基づいて、北芝さんのバッシング記事を掲載するよう週刊誌に働き掛けたと誤った批判をし『ネズミ』などと侮辱的な発言をした」と指摘した。
 判決によると、週刊現代(2006年9月23日号)は「北芝さんの著書には、あり得ない話が満載」などとする黒木さんの発言を掲載。これに対し、その後、複数の雑誌に「うその情報を黒木さんが仕掛け人になって、週刊現代と組んで記事にした」などとする北芝さんの発言が載った。


西日本新聞 2008-02-07】