メディア

保険金殺人記事 講談社に賠償命令

埼玉県本庄市の保険金殺人事件で殺人などの罪に問われ、一、二審で死刑判決を受けた八木茂被告(上告中)が「週刊現代」の記事で名誉を棄損されたとして、発行元の講談社(東京)に1000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は18日、50万円の支払い…

「バカ扱い名誉棄損」彦根市長逆転勝訴…大阪高裁

「週刊新潮」に「バカ市長」と題した記事を掲載され、名誉を傷つけられたとして滋賀県彦根市の獅山(ししやま)向洋(こうよう)市長が、発行元の新潮社(東京)を相手に約2200万円の損害賠償と謝罪広告を求めた訴訟の控訴審判決が26日、大阪高裁であった。…

週刊現代側に賠償判決、公明党元議員らの名誉棄損認める

「週刊現代」の記事で名誉を傷つけられたとして、公明党の元国会議員3人が、発行元の講談社や矢野絢也・元同党委員長らを相手取り、損害賠償などを求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。 端二三彦裁判長は名誉棄損を認め、被告側に計660万円の賠償と謝…

藤あや子のプライバシー侵害で賠償命令

演歌歌手の藤あや子さんが、前夫や交際していた男性をめぐる月刊誌「新潮45」の記事で、プライバシーを侵害されたとして、発行元の新潮社(東京)などに3300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は10日、132万円の支払いを命じた。 新潮社側は「記…

「消えたあの人は今」訴訟 黒木香さん2審も勝訴

「消えたあの人は今」という近況を報じる週刊誌の記事でプライバシーを侵害されたとして、元タレントの黒木香さんが、「女性セブン」と「週刊ポスト」を発行する小学館などに損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が15日、東京高裁であった。 西田美昭裁判長は、…

週刊文春に賠償命令 JR労組巡り東京地裁判決

05年4月のJR宝塚線(福知山線)脱線事故後の労組の対応を取り上げた「週刊文春」の記事で名誉を傷つけられたとして、全日本鉄道労働組合総連合会(JR総連)と、傘下のジェーアール西日本労働組合(JR西労)が発行元の「文芸春秋」(東京都千代田区)に対し、…

福岡一家殺害「犯人扱い」報道、二審も文春に賠償命令

福岡市で2003年に起きた一家4人殺害事件の被害者の親族夫妻が、「週刊文春」で真犯人のように報道され名誉を傷つけられたとして、発行元の文芸春秋(東京)と編集長に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(一宮なほみ裁判長)は6日、同社側に1100…

東京女子医大事件で「週刊女性」に賠償命令 東京地裁

東京女子医大病院(東京都新宿区)で01年、心臓手術を受けた当時12歳の女児が医療ミスで死亡したとされる事件で、業務上過失致死罪に問われた元病院医師の佐藤一樹被告(43)=一審で無罪、検察側が控訴=が「週刊女性」の記事で名誉を傷つけられたとして110…

「殺人鬼」報道で名誉棄損 新潮社に賠償命令 大阪地裁

大阪市都島区で01年に三井住友銀行支店の現金輸送車が襲われた事件で、強盗殺人未遂などの罪に問われている無職中村泰(ひろし)被告(77)=無期懲役判決を受け控訴=が、週刊新潮に「殺人鬼」などと報じられて名誉を傷つけられたとして、新潮社(東京)側…

創価学会報道 新潮社が敗訴 福岡地裁判決

「週刊新潮」の記事で名誉を傷つけられたとして、創価学会副理事長で総九州長の男性(64)が、発行元の新潮社(東京)や編集長らに対し、1100万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、福岡地裁は18日、同社などに計230万円の支払いと同誌への謝罪広告掲載を…

文芸春秋に330万円賠償命令 谷垣前財務相への名誉棄損で

海外で女性問題に巻き込まれたとする週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、前財務相の谷垣禎一衆院議員が、発行元の文芸春秋と編集者を相手に2200万円の損害賠償と謝罪広告を求めた訴訟の判決で、東京地裁は9日、名誉棄損を認め、330万円の支払いを命…

週刊現代に賠償と謝罪記事命令…障害者大会巡る記事

日本障害者スポーツ協会(東京都)と同協会の北郷勲夫会長が、「週刊現代」の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の講談社に損害賠償などを求めた訴訟の判決が7日、東京地裁であった。 橋本昌純裁判長は、「記事には、真実と相違する部分がある」と述べ…

読売主筆「不正蓄財」は根拠なし、文春に謝罪広告命令

不正な蓄財をしたかのような記事を週刊文春に掲載され名誉を傷つけられたとして、読売新聞グループ本社の渡辺恒雄会長・主筆が発行元の文芸春秋と同誌編集長に慰謝料などを求めた訴訟の判決が31日、東京地裁であった。 綿引穣裁判長は、「記事は真実と信じる…

父親が実名報道の新潮に抗議 筑前いじめ自殺

福岡県筑前町のいじめ自殺問題を報じた19日発売の週刊新潮について、自殺した男子生徒(13)の父親(40)が同日までに、意に反して実名報道されたなどとして発行元の新潮社に出版差し止めを求める抗議文を送った。 記事は「中2生徒を『自殺』に追い込んだ『…

広告による名誉棄損認定 新潮社が逆転敗訴

斎藤明前毎日新聞社長の監禁事件を報じた「週刊新潮」の記事や広告などで名誉を傷つけられたとして、同社と前社長が新潮社などに約4900万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は18日、請求棄却の1審東京地裁判決を変更、新潮社側に100万円の支…

一家4人殺害で親族を犯人視、文芸春秋側に賠償命令

福岡市で2003年6月に起きた一家4人殺害事件を巡り、「週刊文春」の記事で犯人扱いされ名誉を傷つけられたとして、殺害された松本真二郎さんの妻の実兄、梅津知敏さん(50)夫妻が、発行元の文芸春秋(東京都)などに1億1000万円の賠償を求めた訴訟の判決が28…

新潮社に330万円支払い命令 公明元議員記事で地裁

週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、公明党の元衆院議員渡部一郎氏(74)=神戸市中央区北野町三=が、新潮社(東京)と編集長を相手に約2300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟の判決が7日、神戸地裁であり、佐藤明裁判長は、請求の一部を…

週刊新潮が手配の19歳少年を実名報道

山口県周南市の徳山工業高専で5年生中谷歩さん(20)が殺害された事件で、7日発売の「週刊新潮」が、殺人容疑で指名手配され行方不明になっている男子学生(19)の実名と顔写真を掲載していることが6日、分かった。 記事は「『19歳容疑者』の隠された『実名…

「ロス疑惑報道の95%はウソだ! 三浦和義氏」リンク集

PJニュース