広河隆一


 1冊読了。


 45冊目『パレスチナ 新版広河隆一岩波新書、2002年)/旧版は1987年に刊行されている。フォト・ジャーナリストである広河隆一は何度も現地を取材している。つまり、現場から見た「パレスチナvsイスラエルの歴史」が書かれている。これは凄い。2〜3ページ置きに付箋をつける羽目となってしまった。世界の現状、国際協力の欺瞞、民族紛争、宗教紛争、自爆テロの理由などが理解できる。他民族にはまったく関係のない「聖書」という台本を理由にして、パレスチナの国土を勝手にぶん取ったのがイスラエルであり、シオニズム運動だった。これに資金提供をしたのがあのロスチャイルドだ。世界の金融界はユダヤ人が牛耳っている。それにしても酷い。イスラエルナチスと同じことをパレスチナ人に対して行っている。国際ニュースの多くは米英が発信しており、イスラエル側に有利な報道がなされている。ユダヤ教キリスト教イスラム教の関係もよく理解できた。本書を高校世界史の教科書にすべきだ。本気でそう思う。