フランス・ドゥ・ヴァール


 1冊読了。


 9冊目『共感の時代へ 動物行動学が教えてくれることフランス・ドゥ・ヴァール/柴田裕之訳、西田利貞解説(紀伊國屋書店、2010年)/読みやすいポピュラー・サイエンスとなっている。フランス・ドゥ・ヴァールは既に霊長類研究の世界的権威といってよいだろう。個人的にはもっと重量級の内容に期待したい。読み物としてはチト軽すぎる。共感はヒト特有の感情ではなく、哺乳類に共通していることを例証。共感を基盤とする社会のあり方を示す。