ロバート・キヨサキ、イサク・ディーネセン、ヘニング・マンケル、イドリース


 4冊挫折。以下、いずれも20ページ前後で何となく挫ける。


 挫折95『金持ち父さんの金持ちがますます金持ちになる理由ロバート・キヨサキ井上純子訳(筑摩書房、2008年)
 挫折96『バベットの晩餐会』イサク・ディーネセン/桝田啓介訳(筑摩書房、1989年/ちくま文庫、1992年)
 挫折97『笑う男』ヘニング・マンケル/柳沢由美子訳(創元推理文庫、2005年)
 挫折98『ハラーム〔禁忌〕』イドリース/奴田原睦明〈ぬたはら・のぶあき〉訳(第三書館、1984年)