高橋昌一郎


 1冊読了。


理性の限界 不可能性・不確定性・不完全性高橋昌一郎/第一章を乗り切れば後はスイスイ読める。いわゆるパラドックスを概観した内容。主な大見出しは次の通り。投票のパラドックス、アロウの不可能性定理、囚人のジレンマハイゼンベルク不確定性原理、ぬきうちテストのパラドックスゲーデル不完全性定理、論理思考の限界と可能性など。これらのテーマが討論会という形式で綴られる。意外とわかりやすく、時折ユーモアも交えている。『ゲーデルの哲学 不完全性定理と神の存在論』より先にこっちを読んだ方がいいかも。