すべての犯罪を立証する司法システムは永遠に存在しない

 実際に、ゲーデルの方法は、真犯人だとわかっていながら、いかなる司法システムSも立証できない犯罪Gを生み出したイメージに近い。司法システムは、当然その犯罪方法に対処する新たな法を組み込むだろうが、その新システムでは立証できない新たな犯罪を構成できる。これをいくら繰り返して新たな司法システムを作っても、ゲーデルの方法を用いて、そのシステム内部でとらえきれない犯罪を構成できる。したがって、すべての犯罪を立証する司法システムは、永遠に存在しないというイメージである。


【『ゲーデルの哲学 不完全性定理と神の存在論高橋昌一郎〈たかはし・しょういちろう〉(講談社現代新書、1999年)】


ゲーデルの哲学―不完全性定理と神の存在論 (講談社現代新書)