岡本浩一


 1冊読了。


 50冊目『無責任の構造 モラル・ハザードへの知的戦略岡本浩一PHP新書、2001年)/面白かった。『服従の心理』(スタンレー・ミルグラム著)の入門篇としても読める。冒頭で東海村JCO臨界事故が紹介されている。著者は科学技術庁からの依頼を受けて事故調査委員会を務めた。一読するとわかるが、かなり頭のいい人である。理路整然としていて澱(よど)みがなく、説明能力が抜きん出ている。ただし、細かい部分になると神経質すぎて異論を挟みたくなる箇所もいくつかあった。最大の難点は最終章の「『無責任の構造』克服の戦略」で、これは完全な蛇足となっている。それまでが見事な展開となっているだけに失速感が否めない。でもまあ、凄いよ。組織に巣食う「無責任の構造」を心理学的アプローチから見事に解明している。オススメ。