パウロはキリスト教徒を迫害していた

 キリスト教が発祥してから、ローマ帝国によって公認されるまでの約300年間、無数のキリスト教徒が、迫害や弾圧の犠牲となったことは、初期の聖人たちにまつわるさまざまな逸話が物語っているが、ステファノはその最初の犠牲者となった人物である。イエスの死の数年後に、ユダヤ教の過激派に虐殺されたのだ。
 このとき、彼をリンチにかけた群衆のなかに、じつは後のパウロも混じっていた。そう、パウロは元来、キリスト教徒を迫害する側の人間だったのだ。


【『世界の「聖人」「魔人」がよくわかる本』一条真也監修、クリエイティブ・スイート編(PHP文庫、2008年)】


世界の「聖人」「魔人」がよくわかる本 (PHP文庫)