冷や飯

「絶対熱い飯は喰わない。いや喰えなくなってしまった。そのため朝など、女中さんが困ることもあるらしいが、少し硬目の冷飯に、その代りだしのよく利いた舌の焼けるようなうまい味噌汁、これが私の一番好物」(子母澤寛『味覚極楽』中公文庫)


電子ジャー炊飯器が日本の伝統的な食文化を崩壊させた!