2011-02-05から1日間の記事一覧

日本二十六聖人が処刑された日

今日は豊臣秀吉の命により、長崎でカトリック信徒26名が処刑された日(1597年)。後に「日本二十六聖人」と呼ばれる。キリスト教の信仰を理由に最高権力者の指令による処刑としては日本で初めてとされる。カトリックの祝日となっている。 Wikipedia 身近な歴…

ウグイス(春告鳥)

何だかピーピー鳴いているな、と窓を開けた。こりゃ多分ウグイスですな。春告げ鳥。買ってもらったばかりの楽器を面白半分に吹きまくっている幼児みたいに鳴いている。

ジャック・リーチャー・シリーズ第1作/『キリング・フロアー』リー・チャイルド

面白かった。だが内容を覚えていない。正確に言おう。相前後して読んだ『前夜』とグレッグ・ルッカの作品とが、記憶の中でごっちゃになっているのだ。 リー・チャイルドの作品はおしなべて手堅い。高校生のバッターがセンターから右方向へヒットを狙うような…

外交の世界における論理構成

ここで強調しておきたいのは、外交の世界において、論理構成は、その結論と同じくらい重要性をもつということだ。 【『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』佐藤優(新潮社、2005年/新潮文庫、2007年)】 『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』

「SORRY BABY」SION

歌詞 SION(シオン)

相変わらずマスコミ人の多くは、小沢氏を悪者に仕立て上げたいようだ

「小沢の金脈を問うことは空疎でも無意味でも偽善でもない」と書きながら【嘘】を書いている

Google Chrome まとめWiki

Google Chrome まとめWiki

エヴァンス事件

Wikipedia イギリスの死刑廃止の原点となったエヴァンス事件 差別と冤罪(2) 20世紀最大の誤判事件

浮気してないのに浮気バレた…

ハムスター速報 死ぬほど笑った。本当にこんなことがあるんだね。

海外で語られていた「神さまの力って今はこんな感じ? 」

らばQ 電池切れの模様(笑)。

『シネマ・ポリティカ 粉川哲夫映画批評集成』粉川哲夫(作品社、1993年)

シネマ・ポリティカ 粉川哲夫映画批評集成 映像メディアの転換期の中で、〈映画〉はどこへ行こうとしているのか?作品に秘められた〈政治〉性を引き出し、映画独自の支配と教育の機能を浮き彫りにする“粉川映画論”20年間の全軌跡。