人類は7万5000年前から言語を使用していた

 ちなみに「脳の大型化」は第2章で見るが、約240万年前以降のことだ。「複雑な言語の使用」は、化石からは読みとりにくいが、最新の証拠によると7万5000年前ごろには獲得していたらしい。


【『人類進化の700万年 書き換えられる「ヒトの起源」』三井誠(講談社現代新書、2005年)】


 とすると、大型化された脳は230万年以上も何をしていたのだろうか? 言葉の誕生は「思考の獲得」を意味する。そして、「自我」が形成されるのだ。


人類進化の700万年―書き換えられる「ヒトの起源」 (講談社現代新書)