歳をとるのは楽しいことなのかもしれない

 そんなにたくさんの思い出が、このふたり(※おじいさんとおばあさん)の中にしまってあるなんて驚きだった。もしかすると、歳をとるのは楽しいことなのかもしれない。歳をとればとるほど、思い出は増えるのだから。そしていつかその持ち主があとかたもなく消えてしまっても、思い出は空気の中を漂い、雨に溶け、土に染(し)みこんで、生き続けるとしたら……いろんなところを漂いながら、また別のだれかの心に、ちょっとしのびこんでみるかもしれない。時々、初めての場所なのに、なぜか来たことがあると感じたりするのは、遠い昔のだれかの思い出のいたずらなのだ。そう考えて、ぼくはなんだかうれしくなった。


【『夏の庭 The Friends』湯本香樹実〈ゆもと・かずみ〉(徳間書店、2001年)】


夏の庭―The Friends 夏の庭―The Friends (新潮文庫)
(※左が単行本、右が文庫本)