「集団レイプは元気あっていい」自民党の太田誠一元総務庁長官語る

 自民党太田誠一総務庁長官は26日午後、鹿児島市内のホテルで開かれた少子化問題などをめぐる討論会で、 イベント企画サークルメンバーの早大生らが女子大生を集団暴行した 事件について「集団レイプする人はまだ元気があるからいい。まだ正常に近いんじゃないか」 と述べた。集団暴行を肯定する発言とも受け取られかねず、批判を浴びそうだ。
 太田氏は少子化の原因を議論する中で「(男性に)プロポーズできる勇気がない人が 多くなっている」と指摘。
 司会者が「プロポーズできないから集団レイプする(のか)」と問い掛けたのに対し、 「元気があるからいい」と応じ「そんなこと言っちゃ、また怒られるけど」と述べた。
 太田氏は討論会後、記者団に「『レイプは重大な犯罪で従来以上に厳しく罰せられないといけない』 という言葉を付け加えようとしたが、時間とタイミングがなかった。残念だ。
(一般的に)男性に元気がないということを強調した表現だった」と釈明した。


【読売新聞 2003-06-27】