リーマン破綻の影響、与謝野氏「ハチが刺した程度」

 自民党総裁選に立候補している5人の候補者は17日午前、島根県出雲市で街頭演説した。与謝野馨経済財政担当相は米証券大手リーマン・ブラザーズの経営破綻に関して「日本にももちろん影響はあるが、ハチが刺した程度。これで日本の金融機関が痛むことは絶対にない。沈着冷静な行動が求められる」と述べ、日本経済への影響は限定的との見方を示した。


【nikkei.net 2008-09-17】

ハチ発言を修正=与謝野氏


 与謝野馨財務・金融・経済財政相は26日、衆院財務金融委員会で昨年秋の米リーマン・ブラザーズの経営破綻(はたん)の影響について、「世界全体の不安の連鎖の広がりが私の想像以上だったことは素直に認める」と述べた。これまで、「ハチが刺した程度」としてきた認識を修正したもの。鈴木克昌氏(民主)への答弁。


時事ドットコム 2009-02-26】