飯島和一作品の外情報

 ・男は再び走り出した
 ・飯島和一作品の外情報
 ・イエロージャーナリズム

『雷電本紀』飯嶋和一
『神無き月十番目の夜』飯嶋和一
『始祖鳥記』飯嶋和一
『出星前夜』飯嶋和一
『狗賓童子(ぐひんどうじ)の島』飯嶋和一


 これがトール・ノーレットランダーシュの言う「外情報」だ。極端な省略、割愛によって読者の想像力が拡がる。行間の豊かさ。

「お名前ぐらい、教えていただけませんか」
『前にも言ったろう。俺はただの修理工』
 バッグを手渡しながら彼は笑ってそう言った。車が動き出す時、彼は窓越しにおれを見つめた。
『新田って言ったな』
「はい」
 彼は小さくひとつ頷くと車を出し、そしてそのまま視界から消えていった。


【『汝ふたたび故郷へ帰れず』飯嶋和一〈いいじま・かずいち〉(河出書房新社、1989年/リバイバル版 小学館、2000年/小学館文庫、2003年)以下同】

 頭を下げドアを開けて出ようとした時だった。
『新田』いきなり彼が背後から呼んだ。
「はい。なにか……」
『……よく来た』
 まだおれに伝えることがあったようだったが、急に言うのをやめたらしかった。



汝ふたたび故郷へ帰れず リバイバル版 汝ふたたび故郷へ帰れず (小学館文庫)
(※左が単行本、右が文庫本)