「晴れた日に」石垣りん

 車一台通れるほどの
 アパートの横の道を歩いて行くと
 向こうから走ってきた
 自転車の若い女性が
 すれ違いざまに「おはようございます」
 と声をかけてきた。
 私はあわてて
「おはようございます」と答えた。


 少しゆくと
 中年の婦人が歩いてくるので
 こんどはこちらからにっこり笑って
 お辞儀をしてみた。
 するとあちらからも
 少しけげんそうなお辞儀が返ってきた。


 大通りへ出ると
 並木がいっせいに帽子をとっていた。
 何に挨拶しているのだろう
 たぶん過ぎ去ってゆく季節に
 今年の秋に。


 そういえば私の髪も薄くなってきた
 向こうから何が近づいてくるのだろう。
 もしかするともうひとりの私だ
 すれ違う時が来たら
「さようなら」と言おう
 自転車に乗った若い女性のように
 明るく言おう。


【『石垣りん詩集』石垣りん(ハルキ文庫、1998年)】


石垣りん詩集 (ハルキ文庫)