亀田一家の終焉

「急所狙え」亀田父子処分へ/JBC倫理委


 11日の世界ボクシング評議会WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦で、挑戦者でプロ初黒星となった亀田大毅選手(18)が反則行為を繰り返した問題で、日本ボクシングコミッションJBC)は12日、倫理委員会を15日に開き、亀田陣営の処分を協議することを決めた。


 処分には「警告」「厳重戒告」や一定期間試合ができない「ライセンス停止」などがあるが、JBC内部では「厳正に対処すべき」との意見が強まっている。


 JBCは、セコンドに付いた亀田兄弟の長兄で前世界王者の興毅選手が、試合中、リングサイドから「ヒジで相手の目を狙え」などと反則行為を指示した疑いがあるとして、ビデオ解析を進め、亀田陣営の言動を特定する方針。


 処分の対象は亀田兄弟のほか、反則行為を止める立場にあったトレーナーで父親の史郎氏(42)も含まれる。


 興毅選手は所属ジムを通じ、「あれはヒジを上げてガードし、目の位置を狙えという意味。亀田家のボクシング用語で誤解されているようなものではない」などと反論のコメントを発表した。


 JBC内では、「18歳の若いボクサーという事情も考慮すべき」との寛大な意見もあったが、「反則行為が繰り返されたことは重い」などとし、処分は避けられない見通し。


 大毅選手は試合中、王者の内藤大助選手(33)を抱え上げて投げるなど、「レスリング行為」などの反則を繰り返し、3点減点を科された末、ジャッジ3人により大差での判定負けを下された。史郎氏はこの点について「反則を止められなかったことは反省している」と弁明。内藤選手は「亀田は反則がうまかった。もっとクリーンなボクシングを磨けばいい選手になる」などと語った。


 JBCには、12日朝から亀田陣営への抗議電話が100本以上寄せられ、批判が高まっていた。こうした世論を受け、JBCは「目に余る行為で、処分を求めるファンの声を無視できない」(JBC事務局)として倫理委開催を決めた。


 一方、大毅選手は12日、敗戦について、「今回は完敗。不細工な試合をして悪いと思っている」とのコメントを出した。




 ボクシングジムの会長らで組織する東日本ボクシング協会も15日の理事会で協栄ジムに戒告などの処分を下す方針。同協会の北沢鈴春事務局長は、「父親が急所を狙えと指示し、興毅がひじで目を打てと発言したのをビデオで確認した」と明言した。


 協栄ジム金平桂一郎会長は12日にJBCと同協会に謝罪している。


【読売新聞 2007-10-13】


 私は以前から、大毅は気に食わなかったが、興毅はそれなりに評価していた。やくみつる氏と亀田父のバトルに関しても、父親として我が子を守るのは当然との理由で、亀田父に軍配を上げていた。


 しかしながら、この記事を読む限りでは、評価を変えざるを得ない。単なるチンピラ親父とやくざな息子だったようだ。見世物としての亀田ファミリーは、完全に息の根を絶たれたといってよい。亀田兄弟のファイトが、暴力団の資金源になっているとの指摘もあるが、これほどまでに持ち上げたTBSテレビの見識を疑う。


 ちなみにファイトマネーは、勝利を収めたチャンピオンの内藤が1000万円で、負け犬・大毅が1億円だそうだ。