思想的な筋肉

 たとえその頃岩田靖夫の懇切な文章があって、読むことができたとしても、さまざまな人間的・社会的な関係の渦のなかに放りこまれて生きることがなければ、とうていそこに書かれていることは理解の外だったと思います。
 おそらく年をとるうち、つまりは関係性のなかで生きるうちに、はじめてついてくる筋肉というものがある。思想的な筋肉です。


【『〈〉が選んだ入門書』山村修ちくま新書、2006年)】


“狐”が選んだ入門書 (ちくま新書)