ユダヤ人追放

 ユダヤ人は、1000年にわたって、ヨーロッパで生活し、ロシア、ポーランドギリシャ、イタリア、フランス、イギリスなどに分散していた。彼らが唯一保存していたのはその宗教であり、「選ばれた民」という考えだった。……(中略)
 特にローマ教会がキリストはユダヤ人に殺されたと宣言して以来……
 このために
 1290年にイギリスから、1306年にフランスから、1492年にスペインから、1550年にドイツから追放されることになった。


【『リウスのパレスチナ問題入門 さまよえるユダヤ人から血まよえるユダヤ人へ』エドワルド・デル・リウス/山崎カヲル訳(第三書館、2001年/旧版、1983年)】


新版 リウスのパレスチナ問題入門