古本屋の覚え書き

「ただ独り、不確かな道を歩め」エリアス・カネッティ

『高橋泥舟』吉川英治

「怖いのは驕慢だ。増長だ。心にいささかでも、驕慢のヒビが入れば、百年鍛錬の道業も一朝に崩廃しさる」


【(講談社)『新・水滸伝』所収】


 高橋泥舟(でいしゅう)は、幕末三舟の一人で槍の達人。修行が深まるほど油断を恐れるのは一流の証。鍛錬とは、崖をよじ登る厳しさを知ることでもあろう。自分に満足した瞬間から、人の成長は止まる。自分自身に対して何を求めるか。それで、人間の価値は安くも高くもなる。