「勉強する生活」が「生活が勉強だけ」になる

 この間の(祖母殺し高校生自殺)事件にせよ、2年前のAさんの(開成高校殺人)事件にせよ、要するに勉強のことが問題になっているわけなんです。自分もそうだったんだけれど、塾通いをした小学生のころから「勉強する生活」に慣れています。これがひっくり返ると、「生活が勉強だけ」になってしまう。うちの学校自体がそれに慣れてしまって、やっぱり成績重視だ。最初よかった成績がどんどん落ちて行くと、ああいうケースが起きても不思議ではないのではないか。(開成高校生談)


【『子供たちの復讐』本多勝一朝日新聞社、1979年/朝日文庫、1986年)】


子供たちの復讐 (朝日文庫)