フロイトの生涯

 日本の性科学者・高橋鐵(てつ)は、「書いた、恋した、生きた」と墓銘(ぼめい)に刻まれた作家スタンダールになぞらえて、フロイトの生涯をこう評している。「悩んだ、思索した、闘った」


【『性愛術の本 房中術と秘密のヨーガ』(学研ブックス・エストリカ、2006年)】


性愛術の本―房中術と秘密のヨーガ (NEW SIGHT MOOK―Books Esoterica)