清潔と不潔


 人は清潔なものを好み、不潔なものも好む。ここに邪悪の存在する余地がある。