『宗教で読む戦国時代』 神田千里(講談社選書メチエ、2010年)



宗教で読む戦国時代 (講談社選書メチエ)

 宣教師も驚いた戦国日本人の高度な精神性。その「ゆるやかな宗教性」のバックボーンとしての「天道」思想をキーワードに、一向一揆キリシタン論争から島原の乱まで、日本人の心性に新たな光を投げかける。