佐藤優


 1冊読了。この間、11冊も挫折している。


 114冊目『インテリジェンス人生相談 個人編佐藤優〈さとう・まさる〉(扶桑社、2009年)/いやはや驚いた。佐藤優は真剣勝負で他人の人生相談に応じている。どのくらい真剣かというと、「恋愛」ではなく「性愛」という項目があり、「チンポ、マンコ」のオンパレードである。これを浅はかに「下品」としか感じ取れない人は本書を読む資格がない。ありきたりな悩みから特殊な事情に至るまで、佐藤はグローバルスタンダードという視点から斬り込み、実に具体的なアドバイスをしている。実務家としての本領発揮がお見事。更に、一つ一つの相談に対して読むべき書籍を挙げているのも、読者としては嬉しい限りだ。引き続き、『社会編』も読む予定。