遠野物語

 思うに遠野郷(ごう)にはこの類の物語なお数百件あるならん。我々はより多くを聞かんとことを切望す。国内の山村にして遠野よりさらに物深き所にはまた無数の山神山人の伝説あるべし。願わくはこれを語りて平地人を戦慄せしめよ。この書のごときは陳勝呉広(ちんしょうごこう)のみ。(『遠野物語』)


【『遠野物語・山の人生』柳田國男岩波文庫、1976年/『遠野物語』聚精堂、明治43年/『山の人生』郷土研究社、大正15年)】


遠野物語・山の人生 (ワイド版岩波文庫) 遠野物語・山の人生 (岩波文庫)
(※左がワイド版、右が文庫本)