動画:子供たちとの対話


 クリシュナムルティは90歳で亡くなっているが、最晩年の映像だと思われる。顔を拭う右手に震えが見られる。ガンディーと友情を結び、ネルーと語り、インディラ・ガンディーにアドバイスをし、国連から顕彰され、各大学で講演を行い、アメリカの大学でテキストに採用された思想家は、尊大ぶるところが全くなかった。妙に慈(いつく)しむような視線もない。真っ直ぐに子供達と向き合っている。『子供たちとの対話 考えてごらん』もこのような雰囲気であったのだろう。後輩に少しばかり翻訳してもらったので併せて紹介する。釈尊の対機説法もきっとこのように繰り広げられたに違いない。子供達は「竜女」(りゅうにょ)の化身か。





 さぁ、何について話したいかな?


 ―― Pride.(誇りについて)


 何だって――誇り? 君は誇りを感じているかい?


 ――時々。


 時々。なぜ? 君はどんなことに誇りをもっているんだい?


 ――Achievement.(成果、業績、功績)


 成果か。君はいままでに何を成し遂げてきたんだい?


(「……多くの人が成果をあげてきた」といった内容か?)


 君が求めているのは、成果なのかい? それが、みんなが話したいことかい? ……誇り、成果、成功、お金、地位、権力、それが君たちが欲しいものすべてかい? 恐らく、それは間違ったルールだ。愚かであってはならないよ。自分をdeceive(惑わす、だます、欺く、裏切る)してはだめだよ。(君たちは…そういう考えを…)


 ――(少年の発言)


 今、この少年はこのように言っている。「私たちは、それらのことでcontribute(貢献する、寄与する)できる」と(?)。それで、君はどうしてそれがわかるんだい? よし、こっちへおいで。


 ――(「お金があれば、やりたことがなんでもできる、だからお金をたくさん稼ぎたい」みたいなことか?)


 それで、君はなにになりたいんだい?


 ――(お金持ちになれるようなものならなんでも。そうすれば尊敬されるし。お金だけが信頼できる)


(笑える箇所なのに私には聴き取れません)


(笑)確かに君は正しいよ。それで、○○なら、それがとても快適な生活なのかい?


 ――そうです。


 それで幸せなんだね?


 ――そうです。


 それが、君の望むことかい?


 ――そうです。


 それなら、そうすればいい。(?)


 ――(簡単な方法は?)


 ……他になにか質問は?


 ――meditation(瞑想)とconcentration(集中)の違いは?


 ……本当にそれについて話し合いたいのかい?


 ……他になにか質問は?


 ――meditation(瞑想)とconcentration(集中)の違いは?


 ……本当にそれについて話し合いたいのかい? 本当に、瞑想と集中とはなにか知りたいのかい? わかったよ。もし本当にそれについて話したいのなら、これから私が言うことをしっかり注意深く聞いておくんだよ。


 ――Yes, sir.


「Yes, sir.」なんて言うんじゃないよ(笑)。もし本当にそれについて話したいのなら、それは本当に本当に重大なテーマです。集中とはどういうことだと思う?


 ――それについて、深く考えるということです。


 それで、それはどういう意味だい?


 ――考え続けたいと思う何か。


 こっちへおいで――。“考え続けたいと思う何か”―― それでいいかい?


 ――はい。


 それに挑戦したことはあるかい?


 ――……。


 君は、あの花々を見たいと思うかい? もしくは、本を? 君の先生たちが話すことを? とても注意深くそれらのことを見たことがあるかい? あれらの花々を? 先生たちが君に話されることを? 聞いているかい? そして本に集中したことがあるかい?


 ――時々。


 時々。いつ、そういうことが起きるのかね?


 ――……。


 君がそれらを好きなときかね?


 ――うん。


 それじゃ、君がなにかを好きなとき、君の注意や、考え、エネルギーを向けるんだね?


 ――うん。


 概してそれを「集中」と呼ぶんだよ。君は本に集中したり、あれらの花々に集中したり、君の友達や先生が話すことにもね。長いこと、なにかを集中して見たことがあるかい?


 ――わからないな。


 いいよ、今、それをやってみるんだ。今やってみるんだよ。誰かが君に話していることに集中したり、あれらの花々を長いこと見てみたり。他のことを考えたりせずに。それが集中するということだよ。君のすべての注意を向けて、何かを聞いたり、本を読んだり、壁を通っていく何かを注意深く見たり……。それらをやってみるかい? そして、今やってみるかい?


 ――はい。やってみます。


 そうかい。よし。【※続きはこちら→http://www.youtube.com/watch?v=W9g0J0IdkIQ