トウ小平の尖閣「棚上げ」論

 1978年、「日中平和条約」交渉のとき、これを主導したトウ小平尖閣列島問題では「いまやりあわないのが利口だと思う。我々世代は知恵が足りない。次の世代の人は頭がいいからみんなが受け入れられる方法を探すだろう。そうしてからこれを解決しよう」といった。尖閣「棚上げ」論である。(中略)今回の中国漁船拿捕・船長逮捕事件はトウ小平の「棚上げ」論を日本側からぶち破ったものである。


阿部治平(中国青海省在住、日本語教師)】