アフガン軍事請負企業に資金不正疑惑 米議会が調査へ

 米政府と契約しアフガニスタンで操業している民間の軍事請負企業が、巨額の公的資金を不正使用している疑惑が浮上し、米議会が調査に乗り出す予定だ。中でも輸送業務契約に絡む22億ドル(約2000億円)近くが、部族勢力やイスラム強硬派タリバーンに流れた疑いが問題視されている。


CNN.co.jp 2009-12-18