電通:特別損失408億円 3月期最終、赤字の可能性

 電通は6日、09年1〜3月期に有価証券評価損として連結ベースで408億8300万円の特別損失を計上すると発表した。このうち377億円が同社が15%を出資する仏広告会社「ピュブリシス」の株式評価損。4〜12月期に計上した他の有価証券評価損を加え、特別損失は通期で510億円に膨らむ見通し。09年3月期業績への影響について、同社は「集計中」としているが、最終損益の従来予想は110億円の黒字のため、特別損失計上によって最終赤字に転落する可能性もある。
 電通は1901年の創業時期をのぞき、業績が赤字になったことはない。


毎日新聞 2009-04-07】