世界が震撼!原発ショック 悠長な初動が呼んだ危機的事態 国主導で進む東電解体への序章

 ある政府関係者は東京電力の対応に怒りをあらわにする。
「(3月14日に)2号機の燃料棒が露出したとき、東電側は『全員撤退したい』と伝えてきた。撤退したら終わりだった。絶対に止めなければならなかった」


週刊ダイヤモンド