『歴史人口学で見た日本』 速水融(文春新書、2001年)



歴史人口学で見た日本 (文春新書)

 コンピューターを駆使してこれまで打ち捨てられてきた「宗門改帳」などの人口史料を分析し、人口の観点から歴史を見直そうとするのが歴史人口学。その第一人者である著者の精緻な研究から、近世庶民の家族の姿・暮しぶりがくっきり浮かび上がってきた。例えば、江戸時代の美濃のある村では結婚数年での離婚が多く、出稼ぎから戻らない人も結構いた、17世紀の諏訪では核家族が増えて人口爆発が起こった、などなど。知られざる刮目の近世像である。