『絶対製造工場』カレル・チャペック/飯島周訳(平凡社ライブラリー、2010年)



絶対製造工場 (平凡社ライブラリー)

 一人の男がひょんなことから、わずかな燃料で膨大なエネルギーを放出する画期的な器械「カルブラートル」を発明した。だがこの器械はエネルギーだけでなく、あらゆる物質に封印された「絶対=神」をも解放してしまう恐ろしい器械だった。やがて目に見えない絶対が世界中に溢れ、人々を未曾有の混乱に陥れる──『ロボット』『山椒魚戦争』の作者による傑作SF長編。兄ヨゼフによる挿絵付。



ロボット (岩波文庫) 山椒魚戦争 (岩波文庫)