疑惑の不動産7社グループ 各地の郵政跡地でトラブル

 郵政問題に詳しいジャーナリストの中村知空氏はこう言うのだ。
日本郵政オリックスの取引を見ても分かるように、郵政物件の入札は経過が不透明な上、落札業者の実態もよく分からない。だから正規の段取りや事前の説明が不十分で、落札後のトラブルが絶えないのです。『郵政民営化はバラ色』と、小泉内閣が推し進めた政策は本当に良かったのか――を含め、入札についても、誰がどう関わったのかを精査するべきです」


日刊ゲンダイ 2009-02-05