2010-07-17から1日間の記事一覧

人間のもっとも原初的な社会は母子社会

人間は、孤独では生きていけない動物だといわれる。人間は集団のなかで生まれ、集団のなかで死んでいくのである。人間のもっとも原初的な社会は、母とその子どもからなる母子社会であり、母子関係を中心として家族・親族・氏族のような血縁関係がつくられた…

真の投機家

だいたい、バブル紳士などと言われるようでは最初からなっていない。本当の投機家は、投機のジャングルに出かけるときには緑の保護色をまとい、そうでないときは普通の社会人としての保護色をまとっている。普段はベーシックな業務に精を出し、腹七分目でサ…

さしずめ「車椅子BMX」−Aaron Fotheringham

Aaron Fortheringham君は、まだ10代のようだ。彼は「失敗を恐れるな」「失敗こそは楽しい」と教えてくれる。 【自転車】

道徳と政治を混同してはならない/『資本主義に徳はあるか』アンドレ・コント=スポンヴィル

「政治とカネ」の問題がかまびすしい。電波利権に浴する人々が口角泡を飛ばして政治家を糾弾している。去る参院選では「クリーンな政治」を掲げた政党もあった。ひょっとして政治家はクリーニング屋になろうとしているのだろうか? ちょっと考えてみよう。ク…

twitter名言

現代版万葉集の香りを放っている。 twitter名言

自己負担2割? 誰のための介護保険。

経済同友会は6月28日、介護保険制度への提言「持続可能な介護保険制度に向けた抜本的改革を 〜公的介護保障の見直しと介護を自立した産業にするための環境整備〜」を発表した。発表によると、「介護保険財政の持続性の向上」として、介護予防サービス利用者…

「枝野氏が革マル幹部と覚書」月刊誌報じる

民主党の枝野幸男幹事長が平成8年の衆院選に立候補した際、警察当局が左翼過激派の革マル派幹部と判断している人物との間で、「推薦に関する覚書」を交わしていたと、17日発売の月刊誌『新潮45』が報じた。 枝野氏が覚書を交わしたのは、JR東労組大宮支部の…

『氾濫』伊藤整

氾濫

『超帝国主義国家アメリカの内幕』マイケル・ハドソン/広津倫子訳

日本のバブルとその崩壊も起こるべくして起こった。アメリカの金融帝国主義を知らずに日本経済は理解できない。IMFと世銀を利用して、アメリカはどのように世界経済を操ったのか? アメリカに富を集中させる驚異の経済戦略の全貌がいま明らかに。米国の圧力…

あなたが気づけば非常口は変わる(修正版)

逃げ出した先は入り口だった。逃げるのはいつも自分自身だ。(ryue氏のイラスト)

世界の人口

世界の人口は、1分に152人、1日で22万人、1年で8千万人、増えています。世界中で、1年に6千万人が亡くなり、1億4千万人が産まれます。貧富の拡大、温暖化など問題が山積です。