2008-12-29から1日間の記事一覧

霊は情報空間にしか存在しない/『洗脳護身術 日常からの覚醒、二十一世紀のサトリ修行と自己解放』苫米地英人

「霊魂シリーズ」第5弾。これで打ち止め。 苫米地英人は「認識された存在」として霊へのアプローチを試みている。認知科学の立場からすれば、幻聴・幻覚の類いであろうと、本人の脳が認識している以上、「存在するもの」と仮定する。 こうなると、霊はいない…

劣悪な言論に鉄槌/『読書について』ショウペンハウエル

劣悪な言論に鉄槌 読む=情報処理 『仏教と西洋の出会い』フレデリック・ルノワール 「辛辣な警句」といえば本書の右に出るものはあるまい。100年以上を経た現在も尚、鋭さを失っていない。 さきほど私が期待したような評論雑誌がこのような風潮に対して立ち…

レッテルを貼る人々/『初秋』ロバート・B・パーカー

デタラメな両親に育てられたポール少年をスペンサーが自立させる物語。教育的要素が濃い。ひ弱な少年とマチズモの権化みたいなスペンサーのやり取りが面白い。 (※男性のバレー・ダンサーは皆ホモだと、なぜ両親は言うのか) 「なぜなら、その程度の頭しかな…

エレクトーン奏者maruさん情報

maruさんは、何と素人だった! 後ろ向きで弾く姿(下の動画ね)は、まさしく「神」の名に相応しい。 ニコニコ動画の神インタビュー ニコニコ動画 YouTube maru

広井良典

1冊読了。 『死生観を問いなおす』広井良典/なぜか午前2時半に目が覚め、そのまま読み終えてしまった(今は午前4時半)。こりゃ凄いよ。2008年も残り二日というところで、年間ランキングの番狂わせとなった。さほど期待していなかっただけに、喜びと興奮も…